« 中国越境ECが25兆円に | メイン | Amexが提携した緑色の空 »

2018年8月11日 (土)

インドでポスト決済銀行がオープン

インドのモディ首相は、政権樹立後から積極的に金融包摂(ファイナンシャルインクルージョン)を推進している。これまで金融サービスにアクセスできなかった人たちを対象に、口座を開設できる運動も実施した。

 

2018年8月21日からは、ポスト決済銀行(India Post Payments Bank: IPPB)を各地区に少なくとも1カ所開設。特に農村部での金融サービスを拡充する。

 

開設目標数は650店舗。すでに2店舗は営業できる状態だ。インドには郵便局(Post Office)は155,000カ所ある。2018年中に、これをIPPBサービスとリンクする計画だ。

 

IPPBの650支店と、郵便局内の3,250カ所のアクセスポイント、そして11,000人の局員は、玄関銀行サービス(Doorstep Banking Services)を提供する。

Ippbsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34139006

インドでポスト決済銀行がオープンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart