« 5件に2件が非接触決済 | メイン | モバイルマネー90カ国で利用 »

2018年9月27日 (木)

1ドル札より多い100ドル札

2017年、キャッシュレスが進む米国で不思議な事象が起こった。現金流通量で100ドル紙幣が1ドル紙幣を抜いたのだ。

 

10年前には20ドル紙幣にも届かず第3位だった。それが急伸したのである。

 

100ドル札が伸びたのはなぜか。FRBリッチモンドは貯蓄のためという。リーマンショック後の金融危機と低金利を受け、人々の心理はタンス貯蓄に向かっている。

 

これは米国だけではない。世界的傾向で、日本も同様だ。

 

100ドル紙幣の流通増でGDPに占める現金比率は2010年の6%から2018年には9%に増えた。これをもって、いまだ現金社会というのはいかがなものか。

Usssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34144701

1ドル札より多い100ドル札を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart