« アマゾンがインドで買収した企業 | メイン | 米国ICカード対応は進んだか »

2018年9月11日 (火)

GDPR2カ月後の反応

欧州で一般データ保護規則(GDPR)がスタートしたのが5月25日。それから2カ月が経過したが、消費者の反応はどうだろう。

 

英国の消費者1,155人を対象に調査した結果をMarketing Week and Tolunaが発表した。

 

GDPRで日々の暮らしは変わったのだろうか。影響はない、と回答した消費者は65%だった。よくなったと回答した人は27%。悪くなったと思う人は8%いた。

 

ただ、企業が個人のパーソナルデータをどのように使っているかを理解しようという人は増えたようだ。60%がそう回答している。

 

英国の情報管理局によると、5月25日から7月3日までの間に、個人情報に関するクレーム6,281件を受け取ったという。2017年同期は2,417件だったから、それだけ消費者が意識したということであろう。

Gdprsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34142495

GDPR2カ月後の反応を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart