« ハンガリーで即時モバイル送金決済 | メイン | 英国で支払要求サービス »

2018年9月17日 (月)

英国HSBCがモバイル銀行開設か

銀行よ働け!と英国公正取引委員会が主導してスタートしたオープンバンキング。既存大手銀行はチャレンジャーバンクに押され気味である。

 

リボリュート(Revolut)は200万人の顧客を獲得。N26は100万人。モンゾ(Monzo)は86万人で、毎週18,000人を獲得中。マネーズ(Monese)が50万人、タンデム(Tandem)は25万人、スターリング(Starling)は20万人の顧客を獲得している。

 

これらのチャレンジャーバンクは、モバイルがメインチャネル。英国のミレニアルズと呼ばれる若年層は、モバイルチャネルのない銀行は使わない。

 

既存大手銀行のひとつ、HSBCはこれらのチャレンジャーに対し、モバイル専用銀行を開設し、対抗しようとしている。現在100名を超える人材を募集中だ。

 

プロジェクト名は氷山(Iceberg)。温暖化で溶けてなくならなければいいが・・・。

Hsbcss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34142766

英国HSBCがモバイル銀行開設かを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart