« インドのデジタル決済1兆ドルへ | メイン | XoomがRiaと提携 »

2018年9月 4日 (火)

ビジョンファンド中国ゾンアンへ投資

ソフトバンクのビジョンファンドは、中国のゾンアン(ZhongAn)へ1億ドルを投資した。

 

ゾンアンはオンライン保険の大手。中国保険最大手のピンアン、アリババ、テンセントの3社の合弁事業である。経営トップは全員マー(馬)さん。しかも競合の合弁というユニークな存在。創業は2013年。

 

ゾンアンは現在3億人強の顧客を保有。しかし2018年上半期の最終損益は9,540万ドルの赤字だ。薄いマージンしか取れていないが、技術力にソフトバンクは目をつけた。特に保険AI。

 

ソフトバンクが投資するポートフォリオの企業に、ゾンアンのAI技術などを活用する。

Zhongssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34141685

ビジョンファンド中国ゾンアンへ投資を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart