« アリババがロシアでEC拡大 | メイン | 英国HSBCがモバイル銀行開設か »

2018年9月16日 (日)

ハンガリーで即時モバイル送金決済

世界中で即時決済ネットワークが構築されている。時代はインターネットからモバイルへ移行。東欧のハンガリーでも、2019年7月1日からスタートすることになった。

 

24時間いつでもアクセスでき、送金決済できるネットワークで、1回の上限は1,000万フリント(約400万円)だ。決済は5秒である。

 

相手へのモバイル送金決済は携帯電話番号でいい。銀行口座番号は不要だ。

 

即時決済ネットワークの開発と運営はGIRO Zrt.とNetsが受けもつ。GIRO Zrt.はハンガリー12社の金融機関が1988年に設立した自動清算機構である。

 

Netsは欧州の大手決済サービス会社。ハンガリー向けにカスタマイズした清算アプリを提供する。Netsはデンマークやイタリア、スロバキアで即時決済ソリューションの実績をもつ。

 

日本にはまだこの即時送金決済ネットワークはない。

Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34142762

ハンガリーで即時モバイル送金決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart