« インドモバイル決済の月間成長率32% | メイン | アマゾンがインドで買収した企業 »

2018年9月 9日 (日)

インド郵便決済銀行がQRコード決済

インドで郵便決済銀行(IPPB: Indian Post Payments Bank)がスタートした。リアル店舗の決済には、デビットカードではなく、モバイルQRコードを使うことになった、

 

インドには16万カ所の郵便局と郵便局員30万人がいる。2018年12月までに、決済銀行として口座開設ができるようになる。

 

モバイルQRコード決済で、利用者がATMを使わなくなれば、郵便決済銀行のコストは下がる。

 

モバイルQRコード決済では、本人認証としてマイナンバー制度Aadhaar(アダール)の生体認証(指紋など)を利用する。PINは使わない。

Indianss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34142461

インド郵便決済銀行がQRコード決済を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart