« ケニアを超えたソマリアのモバイル決済 | メイン | スクエアがプリンタつき多機能端末 »

2018年10月23日 (火)

FinTechへ豪州NPP開放

オーストラリアで2018年2月にローンチしたリアルタイム決済プラットフォーム(New Payments Platform:NPP)は、FinTechや開発者へ門戸を開いた。

 

そのためにサンドボックス(砂場)を設置。NPPのサンドボックスとFinTechのソリューションをAPIで簡単に接続できるようにした。

 

これは豪州生産性委員会からの批判にしたがった措置。NPPシステムへ簡単にアクセスできないという懸念が生じていた。

 

NPPは豪州大手銀行が構築したシステム。ゆえに、FinTechや開発者のアクセスはむずかしかった。それを今回生産性委員会からオープンにさせられて格好だ。

Ausssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34148135

FinTechへ豪州NPP開放を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart