« ブリグジットに備えてSMB資金を用意 | メイン | チェイスがオープンバンキング »

2018年10月31日 (水)

HSBCが米国で個人融資拡大

米国ではオルタナティブレンダーがビジネスモデルをB2CからB2Bへ移行しているところが多い。個人顧客を獲得しにくくなっているからだ。

 

その1社がFinTechのアバント(Avant)。直接融資から、金融機関向けのプラットフォーム提供へと舵を切った。直接融資では、60万人に50億ドルを融資している。

 

このソリューションを活用し、米国市場で個人向け融資を拡大しようというのがHSBCである。アバントはHSBCのリスクモデルに合わせて、プラットフォームをカスタマイズした。

 

HSBC顧客は申込みから、審査、資金提供までオンラインでシームレスな手続きが可能となる。融資上限は3万ドル、期間は最長5年。融資資金には翌日アクセスできる。

 

Hsbc_ssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34149064

HSBCが米国で個人融資拡大を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart