« アマゾンのB2Bコマースへの思い入れ | メイン | 音声はコマースのニューフロンティア »

2018年10月 9日 (火)

学生IDカードでApple Pay

米国大学のキャンパスの入退出が、10月2日からiPhoneやApple Watchで可能になった。まずは、デューク大学、アラバマ大学、そしてオクラホマ大学の3校で。

 

学生はIDカード(学生証)をApple Walletに登録して使う。キャンパスの入退出は非接触。構内のコーヒーショップやレストランでの支払いも非接触で利用できる。つまりApple Pay。

 

そのほか、図書館やジム、学生寮も、非接触で出入りできるようになった。構内イベントへの参加や支払いもApple Wallet、Apple Payで簡単にできる。

 

このサービスを順次拡大。ジョンホプキンス大学やサンタクララ大学、テンプル大学でも導入予定だ。

Appssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34146229

学生IDカードでApple Payを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart