« FinTechへ豪州NPP開放 | メイン | Mastercardがサイン撤廃へ »

2018年10月24日 (水)

スクエアがプリンタつき多機能端末

マーチャント向けにトータルなソリューションを提供するスクエアが新たな決済端末を開発した。その名も「Terminal」まさに端末である。

 

磁気ストライプカード、ICカード、そして非接触カードや非接触モバイル決済にも対応している。QRコードには対応していない。決済の多様化で端末にも多機能が求められるようになってきた。

 

紙のレシートを印字できるのも特徴。これまでの端末は電子レシートの発行だけで、別売りのプリンタが必要だった。カード先進国の米国でも、まだ紙のレシートへのニーズが高いのだろう。

 

マーチャントはこの端末に金額を入力するか、スクリーン上に表示される商品登録画面から商品をタップしてカードを受付ける。売上レポートの参照や商品追加は、パソコンやモバイル機器からおこなう。

 

Squaretsss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34148282

スクエアがプリンタつき多機能端末を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart