« オルト融資が銀行業への参入理由 | メイン | セブン-イレブンでスキャン&ペイ »

2018年11月10日 (土)

Mastercardがインド政府に異議申し立て

保護主義の米国政府に対し、インドの決済ネットワークは保護主義だとMastercardが訴えた。

 

訴状によると、インド政府が進めている独自決済カードネットワークRuPay(ルペイ)は、海外の決済会社に被害を与えているという。

 

インドのモディ首相は、キャッシュレス社会を構築して、国民の生活を豊かにするという高い理念のもと、独自決済ネットワークを推進している。

 

モディ首相は、インド独自のカード決済ネットワークを公式に支持。インド国内に手数料がたまり、道路や学校、病院の建設に役立ち、インドに奉仕すると述べている。

 

インドで発行されているデビットとクレジットカードは約10億枚。その半数強がRuPay決済だ。国際ブランドのMastercardやVisaは、世界最大の成長市場で足踏みをする格好になっている。

 

Rupasss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34150725

Mastercardがインド政府に異議申し立てを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart