« 英国3分の2の銀行支店閉鎖 | メイン | チェイスがモバイル加盟店特典 »

2018年11月26日 (月)

決済の主流は依然プラスチック

オンラインと対面販売の両方でトップの決済手段となったのは、クレジットカードだった。オンラインでは31.5%、対面販売では40%がクレジットカードだ。

 

デビットカードはオンラインでは20%、対面販売では35%となっている。米国消費者の決済行動をワールドペイ(Worldpay)が調査した。

 

オンラインで3位はデジタルウォレットで20%。対面の3位は現金で16%だった。

 

時代とともに決済手段に変化が出てきた。オンライン決済でクレジットカードとデビットカードの利用は減少傾向にある。2022年までに、クレジットカードは23.7%に減少。デビットカードは18.5%に減少すると予測している。

Plasssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34152668

決済の主流は依然プラスチックを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart