« 日印通貨スワップとキャッシュレス | メイン | BoAがフルサービスのレストランPOS »

2018年11月 5日 (月)

香港で電子マネーへ不正入金

香港金融管理局(HKMA)は、9月にローンチしたファスタペイメント(FPS)を使って電子マネーに入金するオートチャージ機能をストップした。入金不正が発覚したためである。

 

電子マネーには交通系のOctopus(オクトパス)のほか、AlipayやWeChat Pay、銀聯モバイルウォレットも含まれている。

 

被害にあった人は多く、被害総額は18万香港ドル(約260万円)。1人あたりの被害額の最高額は10万香港ドルだった。

 

原因は究明中だが、香港ID番号を含む個人データを盗まれた可能性が高い。就職で申し込んだデータが盗まれたようだ。これを使って電子マネーウォレットを作成。銀行口座から入金していた。

Hksss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34149865

香港で電子マネーへ不正入金を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart