« P2P融資ゾーパが銀行へ一歩前進 | メイン | ネオバンクに新CEO »

2018年11月20日 (火)

X’masツリーとスクエア

マーチャントソリューションのスクエアが、クリスマスツリーの需要と価格の関係をレポートした。米国クリスマスツリー協会と共同での発表だ。

 

クリスマスツリーの販売は農家が多く、決済は屋外だ。スクエアを使っているのは数千件になるという。

 

スクエアの販売データによると、2015年から2017年にかけてツリーの平均価格は64ドルから73ドルに、17%も上昇している。

 

価格が上昇するのはブラックフライデーから。平均価格は77ドルからはじまり、サイバーマンデーで81ドルと最高潮に達する。

 

安く買うためにはクリスマスの1週間前までに購入するのがいい。最高値から22%も安く買えるという。もちろん一番安くなるのはクリスマスイブで47ドルだ。クリスマスを過ぎれば価値がない。

 

環境を考えるミレニアルズは自然のツリーを使う傾向が強い。その数が増えているという。クリスマスツリー協会によると、今年はツリー農家がはじめて利益が出ると予測している。

Sqssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34151781

X’masツリーとスクエアを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart