« 米国人カード負債が最も多い年代は | メイン | 英国教会でキャッシュレス »

2019年1月27日 (日)

恐るべき中国旅行者のM決済パワー

中国人の決済手段といえば、かつて銀聯カードだった。それが今ではAlipayとWeChat Payになっている。

 

中国人旅行者の必携品はスマートフォン。そこにはAlipayとWeChat Payのアプリがはいっている。

 

その旅行者の消費を促進するため、世界中でAlipayとWeChat Payの受付が加速している。どれだけ進んでいるのか。

 

ニールセン(Nielsen)によると、シンガポールやマレーシア、タイでは、スーパーとコンビニの4分の3が受付けている。免税店や高級ブランドショップでは約71%がという高い比率だ。

 

モバイル決済受付が増えるにしたがい、中国人旅行者のモバイル決済利用者比率も増えている。旅行中にモバイル決済を利用した人は、2017年65%だったが、2018年には69%に増えている。

 

Chinesssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34166954

恐るべき中国旅行者のM決済パワーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart