« クローガーがマイクロソフトとキャッシュレス店舗挑戦 | メイン | グーグルがアイルランドで決済免許取得 »

2019年1月14日 (月)

音声アシスタント競争激化

ラスベガスで開催されたCES2019の屋外パビリオンはグーグルがアシスタントスピーカーで塗りつぶした。屋上には「Hey Google」の看板。

 

グーグルの発表によると、2019年1月末までにグーグルアシスタントは10億台の機器でアシストするだろう、と発表した。つまり10億台の機器に搭載されるということ。

 

機器とはスピーカーやスマートディスプレイ、ヘッドフォン、時計、テレビ、アンドロイド携帯電話などアンドロイドOS機器。加えてiPhoneも含まれる。

 

アマゾンは世界中で1億台のAlexa搭載機器を販売したと発表している。こちらは販売であり、単純にグーグルとの比較はできない。

 

Virtualssss

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34165336

音声アシスタント競争激化を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart