« 大量に晒されたフェイスブック流出データ | メイン | 銀聯モバイルアプリ1.5億人 »

2019年4月10日 (水)

米国コンビニのカードコスト上昇

米国コンビニ協会(NACS)のレポートによると、米国コンビニのカード手数料が2018年には9.9%アップした。売上の伸びは8.9%にもかかわらず。

 

NACS加盟コンビニが払った2018年のクレジットとデビットカードの手数料は111億ドル。日本円にして約1.2兆円になった。2017年は101億ドルだから、9.9%増ということになる。

 

2018年の売上高は6,543億ドルで、2017年の6,011億ドルから8.9%伸びている。売上の伸びよりカード手数料の伸びが大きいのは、カード利用が伸びたこととガソリン価格の上昇をNACSは挙げている。

 

米国コンビニにとって、カード手数料は人件費に次ぐコストシェア。利益を確保するにはカードコスト削減が急務というところだろう。

Uscscostup

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34174928

米国コンビニのカードコスト上昇を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart