« ドイツで進むキャッシュレス | メイン | カナダで非接触決済浸透 »

2019年5月 9日 (木)

非接触決済への道を進む米国

非接触決済カードはNFCモバイル決済を牽引するだろうか。ボストンFEDがレポートを発表した。

 

米国で非接触決済がはじまったのは2003年。その時は磁気ストライプデータを使った非接触決済のテストだった。

 

2014年にはEMVチップカード仕様に基づいた非接触決済としてApple Payがスタート。そして2018年、ICチップとNFC非接触の両方がついたデュアルインタフェイスのカードが登場した。

 

2019年時点で、米国小売売上トップ200社の99%がIC決済。小売売上トップ100社の78%が非接触決済を受け付けている。ニューヨークの地下鉄MTAは非接触決済を受け付ける予定。アクセプタンスは確実に増えている。

Uscontactless1905

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34178219

非接触決済への道を進む米国を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart