« 2019年5月 | メイン

2019年6月

2019年6月18日 (火)

シティがGrab提携クレカ

東南アジアでライドシェアリングを拡大するグラブ(Grab)は、クレジットカードを発行する。シティとの提携カードだ。

 

グラブでの利用(乗車やフードデリバリー)では10倍のポイントを付与。食事やエンタメ、オンラインサブスクサービスは3倍ポイント。その他は30フィリピンペソごとに1ポイントを付与する。

 

契約時に12回の無料乗車、入会後60日間に1万ペソを利用すれば2,500ペソに相当するGrabPay Creditをプレゼントする。

 

Garbsssss

2019年6月17日 (月)

UberがFinTechへ食指

ライドシェアリングのUberはFinTechへ食指を伸ばそうとしている。巨額赤字を解消するため、金融領域で利益を上げようという算段だ。

 

現在ニューヨークで金融関連の人材を集めている、とCNBCが報じた。目標人員はITエンジニアを含め100人を超える。

 

Uberはモバイル決済をベースにしたライドシェア。これを自社化し、コストを下げる。さらに、ドライバーや契約者への報酬支払いや融資も視野に入れているようだ。

 

Uberfinssssss

2019年6月16日 (日)

ストライプが店舗POS進出

コードペースト型のオンライン決済代行で決済業界の寵児となったストライプ。ついにリアルの世界にも翼を広げることになった。

 

ストライプは2018年9月、リアル店舗の決済をメニューに追加すると発表していた。この発表に先立ち、POSソリューションを提供するインデックス(Index Inc.)を買収している。

 

サービス名称はストライプターミナル(Stripe Terminal)。ベリフォンのP400やBBPOS Chipper 2X BTへ搭載できる。

 

Stripeposssssss

2019年6月15日 (土)

ルクセンブルクへピンポン大型投資

ドイツ、ベルギー、フランスの3国に囲まれたルクセンブルグは、人口わずか60万人。主要産業は金融と鉄鋼だ。

 

特に金融は欧州の金融センターとしての地位を確立している。2018年のGDP成長率は4.3%と高く、ここ5年平均でも4%を超えている。

 

ここに目をつけたのが中国のフィンテック。その名もピンポン(PingPong)。ルクセンブルグに1億ユーロを(125億円)を投資すると発表した。

 

ピンポンは2015年5月の設立。本拠はアリババの本拠地でもある杭州。これまで6回のラウンドで1.22億ドルを調達している。

 

Pingpongluxsssss

2019年6月14日 (金)

iPhoneにパスポート格納

iPhoneでNFC非接触カードとタグが読めるようになる。ISO15693、ISO14443、ISO18092の非接触仕様であればどんなものでも可能だ。MiFare、FeliCa、にも対応している。

 

例えば、とれたてのサケにつけたNFCタグ。とれた日付、価格、その他の情報がNFCタグに書き込まれている。それをiPhoneで読むと、即座にスクリーンに表示する。

 

パスポートや免許証、学生証の読み込みにも使える。身分証明書をApple Payで使われているセキュアエレメントに格納できるのだ。

 

Iphonepassport_copy

2019年6月13日 (木)

アマゾンが信用構築クレカ発行

アマゾンの成長戦略にとって、新規顧客の獲得とリピート客への育成は重要な鍵。そのために1-Click(ワンクリック)という決済方法を開発したのだが、カードを登録する必要がある。

 

現金決済という手段しかない人たちに、クレジットカード決済という手段を提供するにはどうすればいいか。アマゾンは「クレジットビルダー(Credit Builder)」という信用を築き上げるサービスを開発した。

 

まだクレジット履歴にない人やクレジットスコアが悪い人たちが対象。少額融資を実行し、その返済履歴によって信用度を高めていくという仕組みである。

 

Amazoncreditbulder3_copy

2019年6月12日 (水)

英国ほぼキャッシュレス派の実態

英国では10人に1人が、ほぼキャッシュレス生活を送っていることがわかった。非接触決済とモバイル決済が浸透しているのが要因。

 

調査したのは英国でキャッシュレスを推進するUK Finance。英国ミレニアルズ(25歳か34歳)に絞ると、17%がほぼキャッシュレス生活だ。若年層のキャッシュレス利用が多い。

 

非接触決済は少額決済の現金を駆逐している。2018年の非接触決済件数は前年比31%伸びて74億件に達した。現在英国人の10人に7人が非接触決済を使っている。

 

2018年の現金決済は減少。前年比16%減少して110億件になった。全ての決済における現金利用件数は28%だ。

 

Ukcashlessssssssss

2019年6月11日 (火)

ハッカーはタイプ音でPWを盗む

ハッキングが高度化している。英国のケンブリッジ大学とスウェーデンのリンショーピン(Linkoping)大学の実証実験によると、キーボードのタイプ音でパスワードを盗めることがわかった。

 

パスワードだけではない、どんな文字を打っているか、どんな文章かまでわかるようだ。個人のPCやスマホのマイクロフォンにアクセスできるアプリに仕掛けを隠して、キーインする音を聞く。

 

多くのアプリが利用者の許可を要求するけれど、利用者は内容をチェックせずに簡単に受け入れがち。これが問題だという。

 

Hacktype

2019年6月10日 (月)

ペイパル融資1兆円突破

ペイパルはスモールビジネス向け融資をはじめたのは2013年。サービス名称はPayPal Working Capitalである。

 

その融資総額が100億ドル(1.1兆円)を超えた。225,000件強のスモールビジネスに65万件の融資を実行した。米国以外では、英国、オーストラリア、ドイツ、メキシコでサービス展開している。

 

2018年の米国スモールビジネスへの平均融資額は420,401ドルだった。融資を受けるまでの期間は90日もかかるという。

 

これはスモールビジネスにとって苦痛。そこをペイパルが改善した。即時融資を開発したのである。

 

Paypalwc_copy

2019年6月 9日 (日)

現金砂漠化する英国

英国ではキャッシュレスが急速に進んでいる。その影響を受け、ATMや銀行支店が閉鎖されている。

 

2018年、英国では毎月460台のATMが撤去された。1989年に18,000店あった支店は、8,000店を割り込んだ。

 

キャッシュレスが進み、現金が枯渇した状況から、英国は現金砂漠と化している。しかし、2018年12月の調査によると、英国では人口の38%が現金は重要だと考えていることがわかった。

 

Cashdesertsssss

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart