« 欧州モバイル決済が非接触Xボーダー | メイン | アマゾンがホールフーズで手認証 »

2019年9月10日 (火)

米国ICカード対応370万カ所に

米国でICカード(EMV Card)が必須となったのは2015年9月。国際ブランドのレギュレーションに加え、米国政府も不正防止のために、ICカード対応を必須とした。

 

それから3年半。Visaによると、2019年6月時点でICカードを受け付けるマーチャント拠点数は370万件となった。

 

2015年9月時点では、392,000件だった。それが2017年12月には270万件、2018年12月には310万件、2019年3月には350万件となり、6月時点で370万件になったのである。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Chipmigraton

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34189734

米国ICカード対応370万カ所にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart