« 2019年9月 | メイン

2019年10月

2019年10月18日 (金)

米国人はなぜモバイル決済を使わない

中国ではモバイル決済なしに生活できないくらい、その利用が多い。では、スマートフォンを生んだ米国ではどうか。

 

モバイル決済が主流、とは聞こえてこない。なぜか。Pew Researchが調査した。

 

使わない理由でトップは、

続きは

https://www.ncblibrary.com

Usmobilereserch

2019年10月17日 (木)

チャレンジャーBKが手を組んだ保険会社

英国のチャレンジャーバンクのひとつ、スターリングバンク(Starling Bank)は、デジタル保険のニンブラ(Nimbla)と提携。スターリングのマーケットプレイスで、ニンブラの保険を販売することになった。

 

スターリングは65,000社のスモールビジネス顧客を保有している。万一スモールビジネスのクライアントが倒産した時、資金が回収できず、連鎖倒産する恐れがある。

 続きは

https://www.ncblibrary.com

Starlingnimbla

2019年10月16日 (水)

お金を使わなくなったティーンズ

米国ティーンズの年間平均利用額は2,371ドル。日本円にすると25万円前後ということになろうか。2019年秋の調査で明らかになった。

 

調査したのはPiper Jaffray。米国42州の9,500人から回答を得た。平均年齢は15.8歳である。

 

この平均利用額は2011年秋の調査以来最低の数字。お金を使わなくなっている。

 

ティーンズは敏感に景気悪化を感じ取っているようだ。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Teensconsumption

2019年10月15日 (火)

SMBのキャッシュフローを改善

キャッシュフローはスモールビジネスにとって最も重要な課題のひとつ。その解決に米国会計ソフトのインチュイット(Intuit)が乗り出した。

 

米国では、夜中までキャッシュフローの問題で悩んでいるオーナーは、なんと69%もいる。キャッシュフローに常時問題を抱えているスモールビジネスは61%だ。

 

インチュイットの新サービスはインスタントデポジット(Instant Deposit)。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Instantdepo

2019年10月14日 (月)

ユニコーンになったInsurTech

保険業界でもデジタル革新が着々と進んでいる。このたびユニコーンになったのは、ネクストインシュランス(Next Insurance)。

 

2016年創業のスタートアップで、本社はパロアルト。2019年10月7日にシリーズCラウンドで2.5億ドルを調達した。

 

これを含め4回のラウンドで3.81億ドルを調達。みごとユニコーンとなった。

 

今回のラウンドをリードしたのは・・・

続きは

https://www.ncblibrary.com

Nextinsurimage

2019年10月13日 (日)

ロビンが金利を復活させた理由

株式の取引手数料無料で急成長したロビンフッド。かつて規制問題で棚上げ状態になっていた総合口座を復活させた。

 

これによって、顧客は総合口座に貯まった残高に対し、2.05%の金利をもらえるようになる。金利無料と2.05%のちがいは大きい。5,000ドルの場合、年間105ドルが顧客の儲けになる。

 

なぜこのような大盤振る舞いをするのか。その理由は、

続きは

https://www.ncblibrary.com

Robinimage

2019年10月12日 (土)

5Gでヘルスケア決済はどう変わる

いよいよモバイル通信が5Gにアップグレードする。5Gで超高速、大容量の通信が可能になる。5Gはヘルスケア決済にどんな影響をおよぼすのだろうか。

 

5Gで遠隔診療が進む。地域包括ケアシステムも進展するだろう。患者と家族、医師や看護士、調剤薬局、健康食、そして保険会社などが連携したヘルスケアサービスが可能になる。

 

そこには決済がからむシーンが多い。

続きは

https://www.ncblibrary.com

5ghealthcare

2019年10月11日 (金)

ヘルスケア決済の次世代リーダーは誰か

ヘルスケア業界の決済デジタル化は世界でもまだ未着手のところが多い。そこに目をつけ、買収によって急速に事業を拡大している企業がある。

 

医療費、歯科治療、労災補償などの請求支払いは、ペーパーワークが多く、時間がかかる。このデジタル化に取り組んでいるのだ。

 

それがゼリス(Zelis Healthcare)。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Zelisred

2019年10月10日 (木)

身内やアップルからもLibraへ反論

Libra協会に名を連ねていたペイパルが退会を発表した。「ペイパルは、既存のミッションと優先度の高いビジネスに注力し、金融サービスを十分受けていない人々へのサービスをもっと推進する」とコメントしている。

 

Libraもアンダーサーブドの人たちへの貢献をうたっている。Libraではなく、ペイパルとしてその課題に取り組む姿勢を明確にした。

 

ペイパルの退会は、Libraの開発推進者に関係しているのでは、という穿った見方もあるようだ。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Librastuck

2019年10月 9日 (水)

サブスク市場は伸びるのか

今や猫も杓子もサブスクリプション。ビジネスモデルはサブスクリプション、というのが今の流行りになっている。

 

音楽や映画、ソフトだけでなく、車やバンキングサービス、製造業までも、サブスクリプションモデルになびいている。

 

サブスクリプションの伝道師といえば、米国で先進的な課金モデルを構築したズオラ(Zuora)。そのズオラは、2012年1月からサブスクリプション経済指標(SEI)を発表している。

 

2019年10月に発表した最新版によると、これまで7年半の間に、サブスクリプション経済は350%強も成長している。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Subscimage

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart