« 2019年11月 | メイン | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

今年1年ありがとうございました

2019年大晦日

今年はモバイルPayであけ、モバイルPayで暮れようとしています。

来年(明日から)はいよいよオリンピックイヤー。

キャッシュレスはどう進むのでしょうか。

みなさま、今年1年ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

Bye2019

2019年12月30日 (月)

今年のスモールビジネスサタデー

もう1カ月ほど前になるのだが、2019年11月30日はスモールビジネスサタデーだった。2019年は第10回という記念すべき年であった。

 

感謝祭後の金曜日は小売店から在庫がなくなるほど売れることからブラックフライデーと呼ばれるようになった。翌週の月曜日はオンラインでの売上が1年でピークになるためサイバーマンデーと呼ばれるようになった。

 

その間の土曜日を地元のスモールビジネスを盛り上げる日にしよう。そう考えたのはカード会社のAmex。スモールビジネスサタデーとしてイベントを仕掛けたところ、全米規模に拡大。米国の公式記念日となった。

 

第10回となった2019年の売上は・・・続きは https://www.ncblibrary.com

Smbsaturday

2019年12月29日 (日)

ウォルマートのAmazon対抗策

世界最大の小売流通ウォルマートはAmazon対抗をあらわにしている。Eコマースでは、ジェット(Jet.com)を33億ドルで買収し、オンライン強化をはかった。

 

しかし、このジェットが機能せず、2019年6月には、自社ウェブのWalmart,comに吸収した。

 

ウォルマートのオンラインは成長を続けているとはいうものの、アマゾンと比較すると物足りない。

 

アマゾンに勝つためには・・・続きは https://www.ncblibrary.com

Walmartamazon1912

2019年12月28日 (土)

バークシャーの保険THREEの偉力

バークシャーハサウェイを運営するのは投資家のウォーレンバフェット氏。そのバークシャーが運営する保険会社がある。それがスリー(THREE Insurance)。

 

スモールビジネスを対象にした保険会社だ。企業理念は、スモールビジネス保険の再設定。これまで膨大な書類が必要だった保険契約を、わずか3ページにまとめた。

 

保険でカバーする補償内容、トラブル発生時の対応、免責事項の3項目で構成している。3ページにまとめたというのがミソ。

 

しかも・・・続きは https://www.ncblibrary.com

Threeinsuranceimage

2019年12月27日 (金)

ギグワーク仲介業を550億円で買収

副業や兼業の解禁で、日本だけでなく世界中でギグワーカーが増えている。カーシェアリングやフードデリバリー、通販宅配が、ギグワーカー市場を形成した。

 

ヘルスケア分野でも、自分の空き時間だけ働けるギグワーク市場が拡大している。介護サービスはそのひとつ。

 

その一角をIACが買収した。それがケアコム(Care.com)。介護サービスの仲介でこの市場を牽引してきた企業である。

 

ケアコムは2006年創業で、本拠はマサチューセッツ州ウォルサム。2014年に株式を公開した。

 

IACは・・・ 続きは https://www.ncblibrary.com

Carecomiac

2019年12月26日 (木)

Alipayで投資アドバイスへ

Alipayといえばモバイル決済。その運営会社であるアントフィナンシャルは決済以外に4つのサービスを提供している。

 

融資、保険、投資、そしてスコアリングである。

 

消費者やスモールビジネスにこれらを直接提供しているわけではない。融資会社や保険会社などにプラットフォームを提供しているのだ。

 

現在アントフィナンシャルは、オープン型投資信託の販売チャネルとしては世界最大規模を誇る。このチャネル価値をあげるため・・・

続きは

https://www.ncblibrary.com

Alipayvangurad1912

2019年12月25日 (水)

グーグルFedNowに提案

キャッシュレスを国家として推進しているインドでは、リアルタイムのモバイル決済ネットワークUPI(Unified Payments Interface)をスクラッチで構築。金融機関や決済事業者にひろく参加を呼びかけている。

 

グーグルもUPIの参加者。2017年にTez(テーズ)というサービス名称でスタート。2018年からはGoogle Payに名称変更して利用を拡大している。

 

この実績を踏まえ、グーグルは米国連邦準備制度理事会に対し、現在計画中のリアルタイム決済ネットワークFedNowの開発に対し、提案をおこなった。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Googlepayfednow

2019年12月24日 (火)

スウェーデンがデジタル通貨へ前進

キャッシュレス先進国のスウェーデンで、デジタル通貨の実証実験がはじまる。主導するのは中央銀行のリクスバンク(Riksbank)。

 

リクスバンクは、ビットコインなどの仮想通貨が世をにぎわせたとき、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)を検討し、レポートにまとめている。その時の結論は、時期尚早だった。

 

しかし、フェイスブックがLibraを発表してから、デジタル通貨に対する温度感が変わった。中国政府のデジタル通貨推進も影響している。

 

今回の取り組みは、あくまでも実証実験の範囲内。実用化をめざすものではない。デジタル通貨イークローナ(e-krona)の・・・

続きは https://www.ncblibrary.com

Ekrona1912

2019年12月23日 (月)

IC対応遅れる米国ガソリンスタンド

米国では2017年10月から、カードのIC対応は必須となっている。カード発行も、マーチャントの受付もICカードでなければならない。

 

これをライアビリティシフトという。万一IC以外(磁気ストライプ)でトラブルが起きた場合、その責任はIC化していないパーティに帰すというものである。

 

ところが米国のガソリンスタンドとコンビニは例外が認められ、2020年10月がライアビリティシフトの期限となっている。IC対応のコストが膨大だからである。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Gaspompemv

2019年12月22日 (日)

中国でQRコード決済不正急増

モバイルQR決済といえば中国のAlipayやWeChat Pay。店頭に貼ったQRを、消費者がスキャンするというマーチャント提示型サービスで、加盟店を拡大してきた。

 

しかし、これによる被害が急増している。広東省では約9,000万元(約150億円)が盗難にあった、とSouthern Metropolis Dailyはレポートしている。

 

同省の仏山市でも、QRコードで90万元(約15億円)を不正に搾取した男が逮捕された。

 

手口は・・・続きは https://www.ncblibrary.com

Qrscams

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart