« インド中銀がカードに規制 | メイン | 韓国史上最低の硬貨発行 »

2020年1月30日 (木)

2030年プラスチックカードはなくなる

ドイツ銀行が2030年に向けて社会がどう変わるのか、金融サービスはどう変化するのかについてレポートを発表した。それが「Konzept Imagine 2030」である。

 

内容は17のコンセプトについての考察。法定通貨の終焉、欧州は米中にキャッチアップできるか、中国経済のゆくえ、高利益率の時代は終わる、食料の運命、ドローンの勃興、処方箋が主流に・・・などに加え、プラスチックカードの終焉についての考察もある。

 

プラスチックカードの終焉では、現金の終焉というタイトルを訂正した形で、プラスチックカードの終焉としているのが特徴的だ。つまり、現金は今後10年間になくなることはない、と。

 続きは 

Endofplastic

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34200814

2030年プラスチックカードはなくなるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart