« 2020年2月 | メイン | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月21日 (土)

Apple Cardがコロナで返済猶予

世界経済がコロナウィルスに感染。米国では、トランプ大統領が国家非常事態を宣言。サンフランシスコとシリコンバレーなどは、外出を原則禁止にする命令を出し、公共サービスや日常生活に不可欠な業種以外の営業を禁じた。

 

ニューヨーク州とニュージャージー州、コネティカット州でも、飲食店の営業を持ち帰りと宅配のみに制限。スターバックスは全米直営店飲食スペースの閉鎖を決め、最短でも2週間は持ち帰りのみの販売となった。

 

消費者のなかには、就業先の突然の営業停止で、休業補償が受けられなくなった人も多い。そんな人たちのためにアップルは救済策をうった。

 

Apple Card保有者に対し、3月の支払いを・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Applecard

2020年3月20日 (金)

オルタナティブ 融資の損失拡大

英国スモールビジネス向けマーケットプレイス型融資のファンディング・サークルが2019年の決算報告をした。

 

2019年の新規融資額は16億ポンド(約2,000億円)で過去最高を記録。期末の融資総残額は26億ポンド(約3,400億円)になった。

 

売上は前年比18%アップし1.67億ポンドだった。しかし、損益は2018年の5,000万ポンドから、8,500万ポンドに増えている。

 

ファンディング・サークルは2019年にはいり、・・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Fundingcircle

2020年3月19日 (木)

5,000万ドルを調達したSpotOn

新型コロナウィルスで米国株式市場は大暴落。投資家のマインドは冷え切っているのでは、という懸念もなんのその。FinTech投資はいまだ旺盛だ。

 

5,000万ドルの資金を調達したのは、マーチャント向け決済ソリューションを提供しているスポットオン(SpotOn)。2017年の創業で、本社はサンフランシスコ。

 

今回のシリーズBラウンドを含め、3回のラウンドで1.1億ドルを調達している。前回は2019年6月なので、まだ1年も経っていない。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Spoton

2020年3月18日 (水)

キャッシュバックが80億円調達

シンガポールのFinTechショップバック(ShopBack)が7,500万ドルを調達した。ショップバックはキャッシュバック専用のEコマースサイトを運営している。

 

2014年9月9日の創業。これまで4回のラウンドで7,110万ドルを調達。今回を含めると14,610万ドルを調達した。投資家には楽天キャピタルやEDBI、EV Growthなどが名を連ねている。

 

調達した資金は、データ活用と技術インフラの拡充に使う。つづきは https://www.ncblibrary.com

Shopback

2020年3月17日 (火)

FBIが逮捕したロシアの大物

deer.ioというサイトは闇の世界では有名な存在だった。人気のオンラインサービスやオンラインショップから盗んだ口座情報を売買するマーケットである。

 

その実質的な運営管理者である男が米国FBIに逮捕された。その男とは、キリル・フィルソフ(Kirill V. Firsov)。3月7日、JFK空港に到着した時に逮捕されたのである。

 

起訴状によると、deer.ioはオープンした2013年以来、1,700万ドル(約18億円)相当の口座情報を販売していたという。

 つづきは https://www.ncblibrary.com

Russianhack

2020年3月16日 (月)

インスタカートがモバイル決済

オンライン食品配達のインスタカート(Instacart)がモバイル決済を提供する。インスタカートは新鮮な食材を1時間以内に届けるというのが特徴。

 

インスタカートは2012年創業で、本社はサンフランシスコ。これまで11回のラウンドで19億ドルを調達している。

 

顧客に対しモバイル決済ソリューションを提供し、購入しやすくする。カード発行会社のマーケッタ(Marqeta)と提携。サービス名称はインスタカート・モバイルチェックアウトである。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Instanfc

2020年3月15日 (日)

Alipayが狙う4,000万SP

アントフィナンシャルは、中国4,000万のサービス提供者のデジタル化を支援するため、Alipayのプラットフォームをオープン化する3カ年計画を発表した。

 

新型コロナウィルスの流行を鑑み、Alipayはリモートワーカーや在宅者のライフスタイルニーズに対応したミニプログラムの開発を加速するため、インセンティブプログラムを導入した。

 

1週間で1,200強の開発者が参加。フードデリバリーや医療アドバイス、ロジスティクス、公共サービスなど、181のミニプログラムを開発した。

 つづきは https://www.ncblibrary.com

Antdx

2020年3月14日 (土)

ロビンフッドふたたびダウン

米国株式市場が急落し、サーキットブレーカーが発動して一時的に閉鎖した3月9日、ロビンフッドのシステムが再びダウンした。

 

3月9日のダウンは1時間以内に復旧したが、売るタイミングを逃した顧客の被害は甚大だ。顧客のフラストレーションは最高潮に達している。

 

3月2日にも技術的な問題でダウンしている。つづきは

https://www.ncblibrary.com

Robinhood

2020年3月13日 (金)

コロナショックとフィンテック

中国で発生した新型コロナウィルスが世界的に拡散し、パンデミックの様相を呈してきた。3月10日の株式市場は前週末比2,013ドル安という過去最大の下げ幅となった。

 

株式下落率が7%を超えたため、売買を一時中断するサーキットブレーカーが発動されるという事態にもなった。

 

この制度は2010年に米国株が瞬間的に1,000ドルほど下げた時に、それを防げなかったことで改正されたが、新制度下で初となる発動となった。それほど急激な売りとなった。

 

原油価格の急落は要因のひとつだが、大元はコロナ・ショックの影響だ。つづきは https://www.ncblibrary.com

Covid19fintech

2020年3月12日 (木)

WHOデジタル決済推奨

英国テレグラフは3月6日、世界保健機構(WHO)はコロナウィルスに備えるため、できるだけデジタル決済を利用することを推奨しているとレポートした。

 

ウィルスの感染は咳やくしゃみによるものだが、紙幣や硬貨に付着すると数日間生き延びることができる。

 

WHOは「通貨は人から人の手にわたり、その間バクテリアやウィルスが付着する恐れがある。紙幣を手にした後は、手を洗い、顔に触れないように」と語っている。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Whosuggests

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart