« ウォルマートの安全な現金給付 | メイン | ホテル業界はCOVID-19から回復できるのか »

2020年4月24日 (金)

米国7-Elevenプリカで給付推進

4月13日からCOVID-19対策としてはじまった米国の現金給付。それをはやく受け取りたいという人のために、米国セブン-イレブンはプリペイドカードを拡販することになった。

 

ひとり最大約13万円もらえるが、銀行口座をもたない人への給付は小切手になる。そうなると数週間から数カ月かかる。これでは暮らしていけない、という人がいる。

 

そこで考えたのがプリペイドカード。審査が不要で、セブン-イレブンの店頭やオンラインで購入できる。クレジットカードの審査が通らない人でももてるから安心。提携したのはトランザクト(Trans@ct)という会社。

つづきは https://www.ncblibrary.com

711

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34206786

米国7-Elevenプリカで給付推進を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart