« Google PayでSMB融資 | メイン | レモネードIPOへ »

2020年7月 1日 (水)

ワイヤーカード破綻で大混乱

19億ユーロ(約2,300億円)という所在不明金が発覚したオンライン決済会社のワイヤーカードが6月25日、破綻手続きを申請した。19億ユーロは、バランスシートの4分の1に相当する金額だ。

 

結局、架空のものだったということがわかり、マークス・ブラウンCEOは市場捜査の疑いで逮捕された。そしてワイヤーカードは債務超過となって破綻したのである。

 

これだけの大金が突如として消えた、というミステリー。監査を担当していたEYに疑惑の眼差しが向けられるのは当然のことだろう。なぜ見つけられなかったのか。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Wirecardscandal

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34211264

ワイヤーカード破綻で大混乱を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart