« ヘルスケアが機械学習強化で資金調達 | メイン | 株式公開の空箱にまたまた決済FinTech »

2020年10月25日 (日)

SPACという空箱でNASDAQデビューしたFinTech

ビジネス向けの決済ソリューションを提供しているペイヤ(Paya)と、特別買収目的会社(SPAC)のFinTech Acquisition Corp.IIIは、2020年10月16日、企業統合を完了したことを発表した。

 

SPACは企業買収を前提にした上場会社。つまり空箱を用意しておき、そこに未公開企業を買収するというスキームである。こうすることによって、未公開企業をスピーディに公開企業にすることができる。

 

経営統合の完了にともない、統合後の社名は・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Paya

このブログは10月31日で終了します。

以降は https://www.ncblibrary.comをご覧ください。よろしくお願いいたします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/433653/34218598

SPACという空箱でNASDAQデビューしたFinTechを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart