スモールBiz Feed

2020年6月19日 (金)

Amazonが新SMBローンで組んだ相手

アマゾンの売上の約半数は自社の直接販売商品。あと半分は世界中のマーチャントがマーケットプレイスで販売する商品である。

 

アマゾン経済圏がCOVID-19パンデミックで傷んでいる。アマゾンは絶好調なのだが、マーケットプレイスに出店しているスモールビジネス(マーチャント)のなかには苦しいところもある。

 

アマゾンの収益を上げるためには、マーチャントの売り上げが上がらなければならない。マーチャントの育成はアマゾンにとって永遠のテーマなのである。

 

マーチャントの育成や売上増進に、融資制度はカギ。そこで・・・

つづきは https://www.ncblibrary.com

Amazonmarcus

2020年4月20日 (月)

FinTechが中小従業員の給与支払Rescue

COVID-19の影響を受けた米国経済を支えるため、ケアーズ法(CARES Act)が施行された。ケアーズ法は、コロナウィルス救済と経済的安全確保を目的とした法律である。

 

その施策のひとつが、給与保護プログラム(Paycheck Protection Program: PPP)という融資プログラムである。

 

米国スモールビジネスに8週間分のキャッシュフローを支援するプログラムで、100%連邦政府が保証する融資を提供する。総額は約3,500億ドル(約39兆円)という大型予算。融資は米国中小企業庁によってバックアップされている。

 

この申し込みがはじまったが、既存銀行での処理には時間がかかる。そこで米国財務省と中小企業庁はフィンテックの力を借りることにした。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Ppp

2020年4月 8日 (水)

ペイパルがコロナ禍の緊急救済策

世界中のビジネスがCOVID-19パンデミックの影響を受けている。中小事業者への影響ははかりしれない。

 

そんな不安を解消しようとペイパルが動いた。3月31日、2,400万件のペイパル加盟店に対し、COVID-19救済策を打ち出した。

 

4月30日までの期間限定ではあるが、ペイパル口座から加盟店の銀行口座やデビットカードへの出金手数料を無料にする。通常の手数料は出金額の1%で最高10ドルまで。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Paypal

2020年1月23日 (木)

法人プリカにSMBローン

プリペイド法人カードを提供する英国のソルド(Soldo)は、ナットウェスト(NatWest)銀行と提携し、スモールビジネスローンを提供することになった。

 

ソルドは2015年1月1日創業で、本社はロンドン。これまで5回のラウンドで8,320万ドルを調達している。

 

シリーズAラウンドではアクセル(Accel)、シリーズBラウンドではシリコンバレーバンクやバッテリーベンチャーズも参加している。

 

ソルドの利用者は・・・続きは https://www.ncblibrary.com

Soldoloan

2019年11月 5日 (火)

VisaがSMBに最高級カード

スモールビジネスでも決済金額の多い事業種に向けて、Visaが最高級のビジネスカードを発行することになった。

 

法人カードとちがい、融資枠のついたクレジットカードがビジネスカード。資金使途は自由で、仕入れや調達、マーケティングや運転資金にあてられる。

 

米国のスモールビジネスは約3,000万社。彼らが経済を支えている。GDPに占めるスモールビジネス売上高シェアは43%だ。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Visainfinite1910

2019年10月22日 (火)

法人カードで熾烈なバトル

フィンテックの台頭にアメックスがカウンターパンチを放った。その相手はブレックス(Brex)。

 

スタートアップを対象にした法人カードで急成長しているフィンテックだ。ブレックスは2017年の創業で、本社はサンフランシスコ。

 

ブレックスが急成長している要因は、スタートアップへの与信を銀行口座残高で行なっていること。オーナーの個人保証不要、デポジット不要、外部信用情報取得なし、という条件で法人カードを発行している。

続きは

https://ncblibrary.com

Ameximage1910

2019年6月10日 (月)

ペイパル融資1兆円突破

ペイパルはスモールビジネス向け融資をはじめたのは2013年。サービス名称はPayPal Working Capitalである。

 

その融資総額が100億ドル(1.1兆円)を超えた。225,000件強のスモールビジネスに65万件の融資を実行した。米国以外では、英国、オーストラリア、ドイツ、メキシコでサービス展開している。

 

2018年の米国スモールビジネスへの平均融資額は420,401ドルだった。融資を受けるまでの期間は90日もかかるという。

 

これはスモールビジネスにとって苦痛。そこをペイパルが改善した。即時融資を開発したのである。

 

Paypalwc_copy

2019年3月10日 (日)

最速で20億ドルを超えたSMB融資

英国フィンテックのファンディングサークル(Funding Circle : FC)が米国市場へ参入したのは2013年10月。以来5年弱で、累計20 億ドルのスモールビジネス融資というマイルストーンを達成した。

 

これは米国だけの融資累計。米国預金保険機構に加盟している銀行の98%を超える融資ポートフォリオだ。

 

「1世紀前に設立された銀行と同じ市場で、5年弱でこのマイルストーンを達成できたという事実は、スモールビジネスが伝統的な銀行システムによって十分なサービスを受けられていないことを示している」とFC米国の責任者が語っている。

 

直近のスモールビジネス融資残高は10億ドル。もしFCを銀行と仮定すれば、スモールビジネス融資ポートフォリオをトップ50行にはいる。

Fundingsssssss

2018年11月16日 (金)

ペイパルがドイツでSM融資

2018年11月7日、ペイパルはドイツのスモールビジネス向けに融資サービスを開始した。米国ではPayPal Working Capital、ドイツではBusinesskredit(ビジネスクレジット)とした。

 

PayPal Working Capitalはこれまで米国、英国、オーストラリアで、17万件を超えるスモールビジネスに対し、60億ドル(約6,600億円)を融資している。

 

ペイパルはドイツで15年の実績をもつが、スモールビジネス融資ははじめてとなる。

 

申し込みはオンラインで完結。ペイパル口座にログインし、申込フォームに入力すると、ペイパルが決済のトランザクションデータを元に審査。数分以内に可否決と融資額、融資条件を通知する。

Paysssss

2018年11月13日 (火)

NatWestがモバイルSM口座スタート

英国NatWest銀行はスモールビジネス専用口座をローンチした。スマートフォンのアプリだけで、口座開設や請求書作成、支払管理ができるのが特徴だ。このアプリと連動するデビットカードも発行した。

 

サービス名称はMettle(メトル)。SpiritやSoul、Energyという意味がある。スモールビジネスに気迫、魂、エネルギーを感じてもらおうというもの。

 

Mettleの目標は、スモールビジネスが将来を見据えた財務に集中できるようにすること。そのためのテクノロジーとインサイトを提供する。

 

Mettleはバンキングのソリューション提供会社11:FSと、技術コンサルのCapcoと提携して開発した。

Mettlessss

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart