リテールバンキング Feed

2020年7月17日 (金)

86 400というチャレンジャーBK

世界中でチャレンジャーバンクが台頭している。オーストラリアにはかわった名前のチャレンジャーバンクがある。

 

86 400という数字だけのスタートアップがいる。86と400にはスペースがはいるというのもユニーク。ジュウドーバンク(Judobank)という柔道を連想させる銀行もある。

 

86 400は2017年創業で、本拠はシドニー。2020年4月にシリーズAで3,400万豪州ドルを調達した。リード投資家はモルガン・スタンレー。

 

さらにシリーズBで・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

86400

2020年7月 5日 (日)

GAAが銀行になる日

米国人は、メガバンクや地域金融機関に対して、ロイヤルティをもっているのだろうか。

 

AmazonやApple、Googleが、もしバンキングサービスを開始したら、そのサービスを利用するのだろうか。

 

PYMNTSが米国消費者3,000人を対象に調査した。調査対象は、少なくともひとつのキャッシュレス手段(クレジット、デビットカード、モバイル決済)を保有していることが前提である。

 

その結果・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Gaabk

2020年6月11日 (木)

米国オーバードラフト費1兆円超

2019年米国の銀行は消費者からオーバードラフト費として116.8億ドルを徴収した。日本円にして1.3兆円にもなる。

 

オーバードラフト費は、クレジットカードの請求時に口座残高がない場合など、銀行が立て替えて支払うときに発生する費用。当座貸越の利用料だ。

 

チェイス銀行の場合、1件につき34ドル。バンクオブアメリカは35ドルである。他行もほぼ同様。

 つづきは https://www.ncblibrary.com

Overdraft

2020年6月10日 (水)

米国チャレンジャーバンク260億円調達

COVID-19の影響がまだ色濃く残っている2020年6月、米国チャレンジャーバンクのバロマネー(Varo Money)が2.41億ドル(約260億円)を調達した。今回が第6回目で、調達総額は4.194億ドルである。

 

バロマネーは2015年11月1日創業で、本拠はサンフランシスコ。今回のラウンドはシリーズD、Gallatin Point CapitalとThe Rise Fundが共同でリードした。

 

これだけの資金が集まったのは、陳腐化している既存の銀行サービスに代わる存在になるとみているから。COVID-19でデジタルバンキングを利用する消費者が加速している。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Varo

2020年5月 9日 (土)

やはりダメだったメガバンクのモバイルバンク

英国メガバンクがチャレンジャーバンクに対抗してスタートしたデジタルバンクが行き詰まった。

 

その名は「Bo」。RBS傘下のナットウェストが2019年11月に立ち上げたが、わずか半年での終了となる。Boの顧客には60日以内に口座が閉鎖されると通知した。

 

英国ではMonzoやRevolut、Starling Bankなど、多くのチャレンジャーバンクがしのぎを削っている。これに対抗しようと、モバイル専用のバンキングサービスを開発した。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Boshutdown

2020年3月26日 (木)

Squareが銀行に本格参戦

決済ソリューションのスクエアが、バンキング業務に本格参入する。2020年3月18日、連邦預金保険公社(FDIC)理事会は、融資銀行設立免許に関連する預金保険の申請を条件つきで承認した。

 

スクエアはまた、ユタ州金融機関局から銀行免許の認可を受けた。スクエア本体が銀行になるのではなく、子会社のスクエア・フィナンシャルサービシズ(Square Financial Services:SFS)が銀行となる。

 

主な目的は、スモールビジネスを対象にした融資Square Capitalと、預金商品を提供すること。サービス開始は2021年を見込んでいる。

 

SFSの本社はユタ州ソルトレーク市。つづきは https://www.ncblibrary.com

Squarebank

2020年3月25日 (水)

シティからの寄り添うメール

「経済活動の時計は止まっても、金融の時計は止まらない」というのは元米国財務長官ローレンス・サマーズ氏のことば。クレジットカードやローンの請求書は毎月の約定日に必ずやってくる。

 

コロナウィルスの影響で、店舗営業禁止や外出禁止など企業活動が滞る事態が世界中で発生している。

 

金融サービスの顧客のなかにはコロナ・ショックをまともに受け、止まらない金融の時計に焦りを感じている人も多いはず。

 

特に米国は深刻で、全世帯の39%は400ドルの支払いすら賄えない状況にある。米国のスモールビジネスは、現在の手元資金だけでは27日間しかもたないという。

 

こういう緊急時に、カード会社や銀行という金融サービス事業者は顧客にどう対応すればいいのだろう。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Citicovid

2020年3月11日 (水)

英国チャレンジャーバンクが欧州免許取得へ

英国が欧州連合から離脱したため、英国の銀行は英国免許に加え、欧州免許を取得しなければならなくなった。これまでは、英国で銀行免許をとれば、欧州で銀行業務ができた。

 

英国チャレンジャーバンクのスターリング(Starling Bank)は、欧州進出のため、アイルランドで銀行免許を取得することになった。現在取得するための準備をすすめている。

 

すでに、アイルランド中央銀行には申込書を提出済みだ。1年以内には取得できる見込み。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Starlingbk2003

2020年3月 8日 (日)

中南米に翼を広げるチャレンジャーバンク

ブラジル発祥のヌーバンク(NuBank)の創業は2013年。サンパウロに本拠をかまえるチャレンジャーバンクである。

 

これまで10回のラウンドで、総額11億ドルを調達。ブラジルの顧客数は2,200万人。時価総額は100億ドル(1兆円強)という巨大企業に育った。

 

そのヌーバンクが、メキシコのバンキング市場へ参入した。・・・つづきは htttps://www.ncblibrary.com

Nubankmexico

2020年2月29日 (土)

チェイスが英国デジタル銀行設立へ

ブレグジットに揺れる英国へ、米銀最大手のチェイスが上陸する。デジタルバンクを設立し、チャレンジャーバンクと既存銀行大手が熾烈な戦いを繰り広げるレッドオーシャンにダイブインするという。

 

デジタルバンクにはチェイスの冠をかぶせ、数種類の預金と融資を提供する。

 

ゴールドマンサックスは2018年、リテールバンキングのMarcus(マーカスブランドで英国に進出。獲得口座数は30万件と勢いづいている。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Chaseuk

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart