モバイル Feed

2017年5月27日 (土)

P2P22億円調達を何に使う

モバイルP2P決済が花盛りだ。モバイルP2P決済といえばVenmoやSquare Cash、PayPal me、Chase QuickPay、Paym、Pingit、Swishなどが厳しい競争を繰り広げている。

 

そこへ殴りこんだのがバース(Verse)である。2015年2月の設立で、サンフランシスコとバルセロナに本拠を構えるベンチャー。5月16日にシリーズBで2,050万ドルを調達した。総調達額は3回のラウンドで3,060万ドル。

 

欧州のVenmoをめざすVerseは、現在欧州を中心に27カ国で展開。スペインやイタリア、ポルトガルで強い。今回調達した資金でスイスとノルウェー、さらに中南米のメキシコやブラジル、コロンビアへ進出する計画を立てている。

 

ユニークなのはイベント機能。例えばBBQパーティの開催。日時と場所、そして参加費用を仲間に呼びかけ、Verseで参加費を集められるようにしている。

 

2016年2月にサービスを開始。秋には利用者数が55万人と急拡大。毎月30%増という勢いだ。送受金の手数料が無料という気安さがミレニアルズを中心に受けている。

Verseevent

2017年5月26日 (金)

Apple Pay英国で上昇気流に

Apple Payが英国に上陸したのは2015年。当時Apple Payを受付けるマーチャントは一握りしかなかった。しかも利用制限が30ポンドと厳密に規制されていた。

 

それから2年、英国の非接触決済端末のうち、半数以上がApple Payを受付けられるようになった。と同時に、非接触決済の上限は30ポンドというキャップも撤廃された。

 

なぜ撤廃されたかというと、Apple Payは利用時に指紋認証やパスコード認証するからである。非接触カードの場合はPIN入力を省略するためにキャップを設けていた。

 

2016年、英国でのApple Pay取扱件数は300%も成長した。現在絵英国銀行23行がApple Payサービスを提供している。

 

非接触決済の上限撤廃で、Apple Payをはじめ、モバイル決済の多くがカードを押しのけて決済の主流に躍り出るだろう。

Ukapplepay

2017年5月22日 (月)

カルフールがモバイルQR決済

フランスのスーパー大手カルフールはBNP Paribasと提携し、モバイルQR決済をスタートした。サービス名称はLyf Pay(ライフペイ)。

 

Lyf PayはBNP Paribasのモバイルサービス「Wa!」とカルフールの電子財布Fivoryの統合によって生まれた。キーワードは、簡単(Simplicity)、便利(Convenience)、そしてパーソナル(Personalisation)である。

 

リアル店舗やオンラインでの決済のほか、P2P個人間決済も可能。MastercardやAuchan、Totalなどもサポートする。大手小売りチェーンだけでなく、ローカルショップにも展開する予定だ。

 

QR決済なので、スマートフォンの機種やOSに関係なく誰でも使える。NFC非接触決済の端末が整うまでは、当面QR決済が主流になるだろう。

Lyfpaysssssss

2017年5月18日 (木)

MobileP2P決済の実態が明らかに

借りた金は返さない。借りた金は自分のもの。ある時払いの、催促なし。と、今までお金にルーズだった人も、モバイルP2P決済アプリの登場で、返さざるを得ない状況になっている。

 

バンクオブアメリカの調査によると、モバイルP2P決済アプリを使っている米国成人は36%いることがわかった。ミレニアルズになると62%と倍近くになる。

 

モバイルP2P決済アプリを使ったことのない人も、来年までには使うと回答した人が45%いた。

 

なぜP2P決済を利用するのだろうか。いちばんの理由は利便性と時間の節約(68%)。ついで友人の影響が48%と多かった。銀行の特典(30%)、現金や小切手を使いたくない(16%)がつづく。

 

借りたお金はいつ返しているのか。当日内に返すと答えた人が69%。ほとんどの人が当日に借りたお金を返している。1時間以内という人は3分の1だった。

Mobilep2p

2017年5月15日 (月)

お金はそんなに難しいもんじゃない

お金の管理はモバイルで簡単にできる、というサービスが登場した。Empower(エンパワー)のサービスだ。

 

Empowerは2016年創業のフィンテックベンチャー。2017年5月にシードで資金調達したところ。Sequoia Capitalがリードした。

 

アグリゲーションサービスをベースに、予算管理や貯蓄、送金ができるようにしている。

 

SimpleやMovenと同じ路線。これにVenmoやAcornsの機能を追加している。はたしてどれだけ顧客を集められるだろうか。

Empowerssssss

2017年5月14日 (日)

PayPalでApple Pay利用増

2017年3月とくらべ、4月のApple Pay利用が17%も増えた。Branding Brandの調査による。調査対象は、Apple Pay利用者1,000人。

 

成長要因はPayPalがApple Payで利用できるようになったこと。米国成人のPayPal利用者比率は7割を超えている。

 

Apple Payとの提携で利用が拡大。PayPal利用者が好んでApple Payを利用しはじめたようだ。

 

Apple Pay利用者に一番好きなアプリ内決済システムについて聞いたところ、PayPalとApple Payの組み合わせが1位にランクインした。ついで、Amazon Pay、Walmart Pay、Target Payがつづく。

Payapay

2017年5月13日 (土)

モバイルで駐車支払い

カナダはオンタリオ州のシティオブロンドン(City of London)で駐車場のモバイル決済がはじまった。市営駐車場や路上のパーキングロットなど3,100カ所のスペースが登録されている。

 

このサービスを提供しているのはカナダのホンク(Honk)。利用者はホンクのアプリをダウンロードし、車のライセンスプレートとメールアドレス、携帯電話番号を登録。決済カードを紐つければ準備完了。国際ブランドのクレジットやデビットカード、PayPalも可能だ。

 

アプリで近くの駐車場を探し、ホンクゾーンへ駐車。駐車時間を選んで支払うと、Eメールへレシートが届く。駐車時間が近づくと、アプリがモバイルへ通知。時間延長の場合はスマートフォンで追加料金を支払えばいい。

 

ホンクのサービスは、一時駐車だけでなく、月極駐車も利用できるのが特徴だ。

Honkssss

2017年5月12日 (金)

スマホで購入が進む欧州

欧州でモバイルショッピング、特にスマートフォンによるショッピングが進んでいるようだ。

 

Actinicの調査報告によると、オンラインマーチャントの81%がモバイルウェブサイトを保有。そこで売り上げが立っているところは82%という結果が出た。

 

モバイルは着実にセールスチャネルになってきた。なかでもスマートフォンはデジタル売上の4分の1を超える(28%)までに成長している。

 

モバイル売上が全売上の10%を超えるマーチャントは54%。2015年の2.5倍だ。

 

2016年英国で、モバイル購入した人は39%。デジタルショッパーの86%を占める。

 

2017年英国のモバイルコマース売上は314.2億ポンドになると予測。オンラインマーチャントの76%はモバイルサイトを構築している。

Mobilesss

2017年5月 7日 (日)

モバイルPayのゆくえ

Apple Pay、Android Pay、Samsung Payは今後どう伸展するのだろうか。IHS Markitが調査した。

 

これらのモバイルPayが伸びるためには、機器が対応していなければならない。2016年の対応機種は約27億台だった。

 

これが2017年末までには34億台になり、2020年末までには50億台を超え、2021年には53億台になると予測している。

 

2017年末までに、各陣営のモバイル機器に占める対応機種の比率は次のようになる。Apple Payは11%、Android Payは61%、Samsung Payは3%。

 

この数字からいうと、Android Payが最も進んでいるように思えるが、先行しているのはApple Payだ。早くスタートしたこともあるが、グローバル展開のスピードも関係している。

Apple Payは15カ国、Android Payは10カ国である。Samsung Payは2017年4月、新たに4カ国を加え16カ国になった。2016年のApple Pay取扱高は、日本が貢献し前年比5倍になった。

 

販売台数と対応機種ではAndroid陣営が最も強いのだが、利用者を増やすにはパートナーとマーケティングがカギを握る。

Mobilepay1705

 

2017年5月 6日 (土)

Samsung Payさらに4カ国

サムスン電子はモバイル決済に相変わらず積極的だ。2015年韓国でスタートしたSamsung Payを世界中に拡大しつづけている。

 

4月にスタートするのはスウェーデン、UAE、スイス、香港の4カ国。中東と北欧への参戦は初となる。

 

モバイル決済でキャッシュレス社会の構築、がSamsung Payのミッションだ。

 

Samsung のGalaxy S8/S8+の利用者は、これまでの指紋認証に加え、虹彩スキャンでSamsung Payにアクセスできるようになる。

 

さらにスマートウォッチのGear S3でもSamsung Payが使えるようにした。まずは、米国、シンガポール、オーストラリア、UAE、ロシア、スウェーデンで。

Geras3_2

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart