モバイル Feed

2018年5月21日 (月)

ウォルマートが廃止したMサービス

レジに並びたくない人たちのためにはじめたサービスを、ウォルマートは廃止することになった。その名はScan & Go(スキャン&ゴー)。

 

店舗に設置したモバイル端末で、商品をスキャンし、セルフレジで精算するというものである。自分のスマートフォンでも利用できた。

 

なぜ廃止となったのか。ウォルマートによると、利用者が少なかったから。投資対効果が著しく低かったようだ。

 

全米100店舗で展開すると発表してから、わずか4カ月で廃止してしまった。ウォルマート顧客層へScan & Goの利便性をわかりやすく説明していたのだろうか。

 

アマゾン対抗で、デジタル化を推進しても、顧客がついていかない。そんなアンバランスがリアル店舗のデジタル戦略にみてとれる。

Walsss

2018年5月18日 (金)

Paytmがリカーリング決済開始

インドのモバイル決済Paytmが銀行口座を使ったリカーリング決済を開始した。あらかじめスケジュールを設定しておけば、定期的な支払いや送金ができるようになる。

 

これまでPaytmはAutomatic(オートマティック)というサービスで、個人の支払いスケジュールに合わせた自動リカーリング決済を提供していた。

 

このサービスを利用するには、VisaやMastercardのクレジットかデビットカードとリンクする必要があり、Paytmの銀行口座は使えなかった。これを進化させ、銀行口座も使えるようにしたのである。

 

現在Paytmはインドの銀行間送金決済ネットワークUPIにも接続しているため、Paytm利用者は銀行間送金決済を無料で使える。

Payssss

2018年5月10日 (木)

スタバで進むデジタル化

スターバックスのデジタル化が進んでいる。デジタル化の進んでいる領域はモバイルで、注文決済とリウォーズである。

 

2018年第2四半期(1月から3月まで)のモバイル注文決済(Mobile Order & Pay)は、米国内の販売件数で12%を占めるまでになった。2017年第2四半期のモバイル注文決済件数は8%だった。

 

リウォーズ会員は第2四半期に160万人増加。米国のリウォーズ会員数は総計1,490万人になった。前年同期比12%増である。

 

リウォーズ会員は米国売上の39%を占めている。2017年第2四半期は36%だった。

Starbucks12

2018年5月 4日 (金)

RBSモバイルバンク設立へ

英国の既存大手銀行は、オープンバンキングによって、チャレンジャーバンクの脅威にさらされている。

 

モバイルに特化したユニークなサービスをサードパーティと連携して開発し、大手銀行から顧客を奪いはじめているのだ。

 

これに危機感を覚えたロイヤルバンクオブスコットランド(RBS)は、対抗策としてモバイルバンクの設立を打ち出した。

 

RBSはサードパーティの金融商品やサービスをマーケットプレイス型で顧客に推奨する。第3四半期にβテストを実施する計画だ。

Rbsmobilebk

2018年4月30日 (月)

国際ブランドがワンボタン統合へ

モバイルにアプリをダウンロードしてもらうのはむずかしい。それが決済アプリであればなおさらだ。

 

VisaやMastercardは独自アプリを放棄し、ひとつのボタンに複数のブランドを統合すると発表した。

 

これまでVisaはVisa Checkout、MastercardはMasterpassを推進している。これにAmexやDiscoverも参加を表明した。

 

目的は、オンラインショッピングをシンプルにし、利用者のクリック数を減らすこと。本当の狙いは、国際ブランド連合でPayPalに対抗することである。

 

Masterpassは2012年、Visa Checkoutは2014年にスタートしたが、利用者が伸び悩んでいた。モバイルでは圧倒的にPayPalが強い。

 

米国でPayPalを受け付けているマーチャントの比率は58%。Visa Checkoutは26%、Masterpassは16%しかない。ボタンをひとつにすることで、利用が増えるのだろうか。ボタンの掛け違えにならないことをのぞむ。

Onesss

2018年4月16日 (月)

インドでAmex Pay

13億人の巨大人口を抱え、7%近い経済成長をつづけるインドは、どの業界にとっても魅力的だ。決済業界もしかり。

 

Amexはインドでモバイル決済をスタートした。サービス名称はAmex Pay。NFC非接触決済とQR決済の両方が利用できる。

 

Amexのモバイルアプリを使っての決済だ。利用するにはAmexの消費者向けクレジットカード、チャージカード、プリペイドカード、バーチャル口座を紐つける。法人カードは対応していない。

 

NFC非接触決済が利用できるのはAndroid端末のみ。iOS端末はQR決済だけである。

 

QR決済はインドのバーラットQR(Bharat QR)を使う。マーチャントのQRコードをアプリのカメラでスキャンし、金額とカードPINを入力する。

Amexpay1804

2018年4月10日 (火)

韓国でモバイル決済急伸

韓国でモバイル決済市場が堅調だ。オンラインだけでなく、オフラインでも継続して伸びている。

 

eMarketerによると、韓国スマートフォン利用者の31.9%が、オフラインでの商品やサービス購入にモバイル決済を使うと回答している。

 

オフラインで最も多く使われているのが、Samsung Pay。韓国の利用者は1,000万人を超え、2018年3月には170億ドルを超えるトランザクションがあった。オンラインでの利用が多いのはKakao Payだ。

 

韓国銀行によると、2017年のモバイル決済で、毎日200万ドルを超えるトランザクションがあったという。年間の伸び率は147.4%とすごい。

Photo

2018年4月 3日 (火)

北京地下鉄QR決済本格始動へ

中国ではモバイル決済が生活に根付いている。それは非接触決済ではあるが、NFCではなくQR決済だ。

 

北京の地下鉄ではモバイルQR決済のテストを実施していたが、この5月からモバイルQR決済を本格始動。改札を通れるようにする。

 

2017年にはNFC非接触決済で改札が通れるようにしているが、新たにQR決済を追加した。それほど、モバイルQR決済が日常化している。

 

QR決済はモバイル機器を選ばず、モバイル機器保有者であればだれでもアプリをダウンロードして使える。

 

チケットはAlipayやWeChat Payでモバイルから購入できる。駅のチケット販売機でチャージする必要はない。

Qr

2018年4月 2日 (月)

WhatsAppインドでQR決済

フェイスブックのメッセージアプリWhatsAppがインドでモバイルQR決済を開始した。対応機種は現在Android端末のみ。

 

WhatsAppは3月初旬、インドのモバイル決済ネットワークUPIを利用した決済を発表しているが、これにQR決済を追加した。

 

利用者はWhatsAppの設定から決済(Payments)を選定。Scan QRのボタンをタップするとカメラが起動。マーチャントや友人のQRコードをスキャンし、UPI idを入力すれば決済が完了する。

 

これまでWhatsAppで送金できたが、操作が複雑だった。QR決済でシンプルなフローになる。

Whatsappqr

2018年4月 1日 (日)

インドPaytm200億ドル達成

インドのモバイル決済Paytmの年間取扱高(2017年3月から2018年2月)が200億ドルを超えた。前年同期比4倍だ。

 

トランザクション件数も4半期で10億件を超えている。1件あたりの利用金額は3.3ドルから5ドル。小額決済から高額まで幅広く使われている。

 

小額決済は高速料金や有料道路、町のスモールショップなど。高額は旅行や娯楽となっている。

 

Paytmを受付けるリアル店舗数は700万件。2017年初頭は100万件しかなかった。わずか1年で600万件を獲得したパワーはすごい。

 

Paytm18

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart