マイライフ Feed

2010年1月 3日 (日)

2ndラン

今年の正月休みは今日で終わり。明日は仕事始めだ。ということで、もう1回身体を絞るため、今日も走った。鴨川から京都御所へ10キロ強。

京都御所は人気も少なく、凛とした風が流れていた。東に大文字山を臨むこの厳粛な空間で、過去何人の人たちが夢を風に託しただろうか。

勤王の志士たちが、維新の改革者たちが、そして無名の戦士たちが。玉砂利の音に夢をのせて。

20100103gosho


2010年1月 2日 (土)

1stラン2010

2010年の走り初め。今日はおだやかな天気。元旦よりも暖かかった。

ちょっと食べ過ぎ、飲み過ぎのからだを絞るため、ゆっくりと助走に時間をかけた。

アルコールが背中から汗になってにじみでてくるのがわかる。

11.2キロを走って、消費したカロリーは719キロカロリー。減量にはほど遠い。

でも、脳みそからアルコールは消えた。スッキリ元気。

20100102firstrun


2010年1月 1日 (金)

2010年賀正

さあ、2010年があけた。今年は寅年。京の都を守る四神相応のひとつ、白虎の年である。

西方を守る虎は、西洋からの強烈な不景気風を防いでくれるだろうか。

そして2010年代はアジアの時代となるだろうか。その中心となるべき我が日本の役割は大きい。

アジアは現金主義が主流となっている。社会コストやエコロジーの観点からもキャッシュレスを推進しなければならない。

さあ、今年もペイメントのイノベーションを推進しよう。

2009年12月31日 (木)

2009年さようなら

大晦日となった。京の街を吹き抜ける2009年の風もあと数時間で最後となる。typhoon

2009年の風よ、ありがとう。2009年の太陽よ、ありがとう。2009年の月よ、ありがとう。2009年の星たちよ、ありがとう。shine

この風が、太陽が、月が、星たちが、明日には2010年のそれぞれに変わる、そう思うと不思議な気分になる。moon1

2009年のすべてよ、ありがとう。
sun cloud rain snow thunder

2009年12月28日 (月)

群れる鳥たち

年の瀬が押迫ると、動物たちは群れたがるのだろうか。鴨川ではたくさんの動物たちが群れていた。

鴨川の水かさは冬になると浅くなる。鴨川というだけあって鴨がたくさん群れている。

その群れの下を流れている水の中には、鴨たちが好きな小魚がたくさん群れているのはずだ。だから群れている。

鴨たちの横にはカラスの黒い群れが獲物を狙っている。鴨とカラスが競って小魚を食べているが、水に浮かべる鴨のほうが有利なのは明確だ。それでもカラスは一匹では不安なのか。

丸太町あたりでは、紺青の空に浅く輝く月に向かって白サギの群れが飛んで行った。不思議な日であった。

20091228mure


2009年12月26日 (土)

黄砂に走る

12月に黄砂が舞うのは16年ぶりだとか。京の街もどんよりと霞がかかったような一日だった。

そんな中、鴨川をジョギングした。黄砂がはっきりとみえるというわけではないのだが、走っていると黄砂を感じる。

まず、鼻がムズかゆい。やたら花粉症のように鼻水がでてくる。鼻が黄砂にしっかりと反応しているのだろう。

口の中も砂ぼこりをすったよう。ジャリジャリしている。中国パワーはすごい。年末まで日本を黄砂で巻き込んできた。

20091226kosa


2009年12月13日 (日)

京料理の祭典

京都岡崎の「みやこめっせ」で京料理の展示大会がある、という記事をみて出かけることにした。京都の有名料亭などが技を競い合った京料理が一堂に展示されているという。

今回が104回目というから歴史があるイベントで、けっこう入場者は多かった。外は北風が冷たかったが、ホールは熱気で暑かった。
Miyako0912

イベントでは、京料理教室や舞子さんによる京舞、古式ゆかしい包丁の儀式などがあった。

包丁の儀式は式包丁といわれ、平安中期から京都御所に継承されるものらしい。1100年という伝統芸術だ。包丁と鉄箸だけで魚を料理し、めでたい飾り付けをする。

京料理にはそういう伝統が脈々と受け継がれているようだ。

Tankumakyo


2009年11月28日 (土)

晩秋の綾錦

11月最後の土曜日。京都は錦のごとく色づいた。東山も、北山も、そして西山も。さらに街中の木々も。

京都の秋を堪能しようと、もみじの名所はヒトひと人。ライトアップなどで、観光客は年々増えているのではないだろうか。紅葉よりも人の背中を見ながら歩くよう。

今年最後の紅葉狩りに、左京区の永観堂はへ行った。みごとに綾なす紅葉絵図。深紅や黄色のもみじ葉に日が差すと、そこは別世界。

しばし、俗世間から離れて精神を浄化した。

Eikando1

2009年11月15日 (日)

生きているだけで幸せ

昨夜中学校の同窓会へ行った。昭和45年卒の有志21名と、先生2名の計23名が集まった。

当時の中学は1学年で10クラスまであった。1クラスの人数も45名と多い。少子高齢化とはほど遠い時代だった。

同窓会への出席資格者は約450名いるのだが、個人の都合や家庭の事情などで出席できない人が多かった。

友人のU君は身体の障害をおして遠方から駆けつけた。「生きているだけで幸せだよね」その幸せをこういう場で確かめたいと。

青春時代を一緒に過ごした仲間と語り合う。今の境遇なんて関係ない。恥や外聞なんて関係ない。

生きている幸せ、生きている証、という風景を、同じ窓から眺めたい。U君の目はキラキラ輝いていた。

2年後は還暦同窓会だ。

Almuni0911

2009年11月 9日 (月)

1,000km超えた

NikeRunningをはじめて1年強。昨日ついに総ジョギング距離が1,000キロを超えた。ランニング回数は94回。走った時間は107時間強。1キロあたりのペースは6.25分だ。

NikeRunningでは走行距離によって6つのレベルを設定している。まずイエロー、ついでオレンジ、今まではグリーンレベルだった。そして1,000キロを超えてブルーレベルになった。

つぎのパープルレベルまではあと1498キロ必要だ。それを超えればブラックレベルに突入する。

走行距離は健康のもとでもある。健康は能動的に獲得するもの。何ごとも自律の積み重ねが大切だ。

Nikejog1000


【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart