その他 Feed

2017年9月18日 (月)

ノードストロームが新業態店

米国小売業界はアマゾンの影響で軒並み売上が激減。店舗閉鎖はあとを絶たず、かつて賑わいをみせていた大型モールには閑古鳥が鳴いている。

 

いま、米国小売はビジネスモデルの大転換を迫られている。

 

そんな中、ノーといわない百貨店ノードストロームが、新たなコンセプトショップを発表した。ノードストローム・ローカル(Nordstrom Local)である。

 

地域のコミュニケーションハブとして機能するこのショップは、コンビニのグレードアップ版。通常は14万スクエアフィートの広さだが、ローカルはその2%、3,000スクエアフィートしかない。

 

特定の在庫をもたず、スタイリストが顧客と相談しながら商品を選定し、それを顧客に届ける。オンラインで購入した商品を当日にここでピックアップすることも可能だ。

 

ネールサービスやビールやワイン、ジュース、エスプレッソなどのドリンクも用意して、顧客との人間的な関係構築を重視する。1号店は10月3日、ウェストハリウッドにオープンする。

Nordstrom_local_storefrontssss

2017年7月23日 (日)

ドレスコードを変えたGS

投資銀行の社員といえば、ビジネススーツ。という慣行が変わる。

 

ゴールドマンサックスは、エンジニア系社員のドレスコードを通年カジュアルにした。

 

シリコンバレーの開発者たちと同じように、リラックスして仕事に打ち込めるようにするためだ。

 

ただし、顧客との商談にはその場にあった服装を選ぶよう指導している。

 

カジュアルな米国でも、バンカーたちのマナーに対する要求はそう簡単に変えられないようだ。

 

Photo

2017年6月16日 (金)

苦戦するノードストローム再生計画

米国の大手小売りの業績が悪い。店舗閉鎖はリーマンショックを超える最悪の状況。メイシーズは今年の総利益率が2月の予想を下回ると発表した。

 

この状況は高級百貨店も同じ。「ノー」と言わないサービスで有名なノードストロームも苦戦している。

 

1999年の総売上高は2,300億ドルだった。それが2016年には1,555億ドルに減少。30%を超えるマイナス成長となっている。

 

原因はアマゾンに代表されるEコマースの伸展といわれているが、対面販売の良さを訴求できていないことの方が大きい。

 

そこで乗り出したのが創業家。現在ノードストローム株式の31%を保有しているが、全株式を買い取ることを検討しているようだ。

 

多くの上場小売業は、株主還元を意識するあまり、成長への投資が希薄になっていた。もしこの取引が成立すれば、創業家は米国の344件、カナダの5件、オンラインの2件の立て直しに着手する。

Nordsssss

2017年1月12日 (木)

苦戦する米国大手小売店舗

米国大手小売のメイシーズが大ナタを振るう。2016年のホリデーシーズン売上が振るわなかったからだ。

 

2016年8月に100店舗を閉鎖すると発表していたが、いよいよ本格的に動き出した。100店舗というのはメイシーズの15%に相当する。

 

今回決めたのは68店舗。この結果、1万人がリストラされる。トランプさんなら怒るだろうな。

 

ホリデーシーズン売上が振るわなかったのは、メイシーズだけではない。シアーズやコールズ、ビクトリアシークレット、バーンズ&ノベルも不振を極めた。、シアーズも店舗閉鎖を発表している。

 

小売分析のリテールネクスト(RetailNext)によると、米国店舗のトラフィックは48カ月連続で減少。売上は36カ月連続でマイナスとなっている。

 

いっぽうコムスコアによると、オンラインの伸びは大きく、11月と12月は前年対比11%も伸びている。ビジネスモデルの変革は必須だ。しかも時間がない。

Macyssssssss

2017年1月 1日 (日)

2017年あけましておめでとうございます

みなさん

あけましておめでとうございます

今年はどんな年になるのでしょうか

日本のキャッシュレスは加速するのでしょうか

フィンテックは根付くのでしょうか

いろんな楽しい夢を描きながら京都での静かな正月を迎えました

今年1年よろしくお願いいたします

2016年12月31日 (土)

2016年ゆく年サルとし

申年が今日でサル。

サル年を振り返りながら、年越しそばをあてに日本酒。

ピコ太郎さんのPPAPはアップルペンではなく

Apple Payに聞こえてしまう。

みなさん、今年1年ありがとうございました。

2016年7月31日 (日)

東京都知事選とスマートシティ構想

東京都知事選は終わったが、世界最大の都市である東京をスマートシティにするための構想を早急に打ち出し、実行に移さなければならない。

 

世界中で人口の都市化が進んでいる。エコノミストは、2050年までに先進国では人口の86%が都市で暮らし、新興国では64%が都市部へ集中すると予測する。

 

人口増加に耐え、快適な暮らしを提供するための都市計画は必須。それが世界で進むスマートシティ構想である。

 

ガスや電力などエネルギーの効率的供給、交通システム、情報基盤の整備、公共サービスの拡充、そして地域包括ケアの5つがスマートシティ構想の核となっている。

 

東京オリンピックは世界に東京をアピールできる絶好の機会である。このチャンスを逃す手はない。

Photo

2016年7月10日 (日)

アマゾンが独自ブランド食品販売へ

当然の成り行きであろう。Eコマース最大手のアマゾンが独自ブランドのコーヒーやベビーフードの販売に乗り出した。

 

コーヒーブランドはHappy Belly(ハッピーベリー)、ベビーフードはMama Bear(ママベア)である。こられはアマゾンのプライム会員だけが買える。

 

ママベアベビーフードはオーガニック、ハッピーベリーコーヒーは中南米産の100%アラビカコーヒーで、24時間以内に焙煎してパックした製品。

 

コーヒーは12オンスバッグで9.99ドル。ベビーフードはアップルとブルーベリーか、アップルと洋梨にバナナをミックスしたものの2種類で、各4オンスビン12個で12.49ドルである。

 

独自ブランドといえば安売りのイメージがあるが、アマゾンのオリジナルブランドはいずれもこだわりのあるプレミアム商品だ。

Amazonbabyfood

2016年5月12日 (木)

ビッグデータ収益ランキング

ビッグデータを扱っている企業は儲かっているのだろうか。どんな企業が収益ランクの上位にきているのだろうか。

 

ウィキボン(Wikibon)は2015年のビッグデータ市場シェアレポートをリリースした。それによると、ビッグデータの2015年市場規模(収益)は226億ドル、2兆円を超えている。前年比22%の伸びとなった。

 

そのうちトップ10のシェアは33%、75.59億ドルだ。ビッグデータ市場は今後も拡大し、2026年には922億ドルになるとWikibonは予測している。

 

ビッグデータ収益でトップはIBM。21億ドルでマーケットシェアは9.3%だった。2位はSAP。8.9億ドルで3.9%のシェアを獲得した。1位と2位の差は2倍強と開いている。

 

3位はオラクル。4位はHPE。5位は僅差でPalantirとなっている。以下、Splunk、Accenture、Teradata、Microsoftがつづく。ビッグデータ市場は今後も拡大するが、そのアウトプットが重要な成長要因となる。

2016年3月 8日 (火)

決済プロセッサは送金事業者とみなす

マーチャント向け決済は送金である。故に、マーチャント向けのプロセッサは送金事業者にあたり、ワシントン州のマネーサービス法に準拠すべし。

 

米国ワシントン州の金融機関統括部消費者サービス課は、そう解釈したステートメントを発表した。したがって、マーチャント向け決済プロセッサは、この法律のもとで認可や要求事項の対象になる。

 

日本でも決済代行会社への監督が厳しくなっているが、それよりもさらに突っ込んだ内容となっている。立替払いのサイクルがリアルタイムでない場合、資金の保全が必須となるからだ。

 

この背景には、仮想通貨やモバイル送金の登場がある。実態のない仮想通貨を取締まるため、国や州がさまざまな側面から検討している。

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart