その他 Feed

2020年8月18日 (火)

米国ファストフード明暗の理由

2020年第2四半期(4月から6月)の飲食業界の業績は、きびしい、という一言につきる。ファストフードの大手も例外ではない。

 

マグドナルドの第2四半期売上高は、3分の1に減少。スターバックスの既存店売上高も40%減っている。KFCやピザハットの親会社Yumi! Brandsも、売上が10億ドル以上減少した。

 

いっぽう、ドミノピザの既存店売上高は16%強増加し、9.2億ドルになった。この明暗をわけたものとは何なのだろう。

 

そのひとつは、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Qsrsuvive

2020年7月31日 (金)

米国セブン-イレブン非接触注文決済

COVID-19パンデミックで消費者の行動は、それまでとちがい、激変した。ソーシャルディスタンスが、自己防衛の手段として定着。人々はできるだけ人やモノに触れないようになった。

 

レストランでは、オンライン注文配達件数が134%増加。スターバックスでは、モバイル注文ピックアップやモバイル注文デリバリーが急増している。

 

米国セブン-イレブンも消費者の行動変容をとらえ、オンライン注文デリバリーとピックアップを推進している。このサービスによって、消費者は店舗での滞在時間を最小限に抑えられるようになる。

 つづきは https://www.ncblibrary.com

711

2020年7月14日 (火)

ウォルマートが会員制プログラム開始

COVID-19パンデミックでオンラインショッピングが急拡大している。そのニーズは今後もつづくとみたウォルマートは、Amazonプライムと同様の会員制プログラムを開始する。

 

つまり、会費を払ってでもオンラインサービスを利用すると踏んだのである。サービス名称は「Walmart+」。会費は年間98ドルである。

 

食料品や一般商品の当日配送、お得な情報への早期アクセスやガソリンなどの割引特典が受けられる。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Walmart

2020年7月10日 (金)

米国上半期の破綻企業3,600社

米国では新型コロナウィルスの感染者がふたたび急上昇し、鎮静化の兆しはみられない。全米ロックダウンは解除されたが、第2波によって、経済活動再開の凍結へと舵を切った州もある。

 

人の移動は制限され、リアル店舗への客足はもどらない。店舗やモールに響くのは閑古鳥の鳴き声ばかり。

 

2020年上半期でChapter 11を申請し破綻した企業は3,600社。2019年の上期は2,855件の破綻。2020年は26%増となった。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Chapter11

2020年6月26日 (金)

米銀預金高2兆ドル増加

米国で1月コロナウィルスが最初に確認されて以降、米国銀行の預金が急増。FRBによると、6月10日時点で預金残高は15.5兆ドル。2020年1月は13.3兆ドルだったから、半年たらずで2兆ドル強も増えている。

 

2兆ドルといえば、米国政府が第一次のCOVID-19対策費として計上した2.2兆ドルにほぼ等しい。各世帯への現金給付や、失業保険の拡充、民間企業の支援などが含まれていた。

 

前年同期比でみると、2月は7.3%でそれほど大きな預金額にはなっていない。が、3月には42.4%、4月は74.6%、5月は49.3%と飛躍的に伸びている。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo

2020年6月12日 (金)

景気後退期にはいった米国経済

米国の経済動向を正式判定する全米経済研究所(NBER)は、2020年2月から景気の後退期に突入したと発表した。NBERはケンブリッジに拠点を置く100年の歴史を持つ超党派の非営利団体。

 

米国では雇用と生産で前例のない減少となっている。「例えこの景気後退が短期であったとしても、リセッションに突入したと指定することは妥当だ」とNBERは述べている。

 

NBERはリセッションを「経済全体に広がる経済活動の著しい低下」と定義づけている。通常は生産、雇用、その他の指標で目にみえる減少をいう。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Uspeak

2020年6月 2日 (火)

Amazonエコールック7月で終了

Amazonの音声アシスタントAlexaを搭載したEchoに、カメラ機能をつけたエコールック(Echo Look)。ワードローブにある衣類をTPOに応じてコーディネートする目的で生まれたサービスだが、2020年7月に終了する。

 

エコールックが誕生したのは今から3年前。Alexaをスタイルアシスタントに育てるという目的があった。AIや機械学習をファッションに応用する斬新な方法だった。

 

この機能は、すでにアマゾンのショッピングアプリで利用できるようになっている。つまりスマートフォンやタブレットでもエコールックと同様のサービスを提供している。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Echolookend

2020年5月30日 (土)

欧州で高まる貯蓄熱

COVID-19パンデミックによる失業率の高まりや、経済指標の悪化を連日連夜耳にする人々は、消費よりも生活防衛のための貯蓄に走る。欧州でその傾向が顕著にあらわれている。

 

欧州委員会の専門家は、投資の崩壊と失業率の上昇が組み合わさり、1930年代の大恐慌以来最悪の景気後退になる恐れがあると警告している。

 

そういうことも影響してか、この3月、フランスでは消費者の月間貯蓄高が200億ユーロになった。通常月は38億ユーロだから、5.3倍という異常な積み上がり方だ。

 

イタリアの消費者の月間貯蓄高は・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo

2020年5月21日 (木)

米国レストラン25%が消滅

COVID-19によって、米国のホテルや航空会社などのホスピタリティ業界がダメージを受けている。レストランもそのひとつ。

 

3月のレストラン損失は、300億ドル(3兆円強)。全米がロックダウンとなった4月の損失は、500億ドル(5兆円強)にもなった。

 

厳しいレストラン業界は今後どうなるのか。全米約60,000件のレストランに予約サービスを提供しているオープンテーブルが予測した。

 

それは衝撃的な数値だった。米国レストランの25%が消滅するという。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo

2020年5月18日 (月)

アフターコロナは住宅価格が下がる

米国では4月、失業率が14.7%に悪化した。非農業部門の雇用者数が前月から2,050万人も減少し、失業率は3月の3倍となった。

 

Pew Researchによると、COVID-19でレイオフされたミレニアルズは3人に1人(35%)。給与がカットされたというミレニアルズは45%だった。全体では28%がレイオフ、給与カットが33%だった。ミレニアルズの被害が大きい。

 

これは4月7日から12日の間に5,000人を対象にした調査。現在はこれよりさらに悪化していると思われる。

 

レイオフされたミレニアルズは、都市部を離れ、親元へリターンし同居する人がいる。特にミレニアルズでも若い世代だ。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart