その他 Feed

2019年9月 7日 (土)

決済業界にはびこる性的差別

新興決済協会(EPA: The Emerging Payments Association)は、決済業界における女性に対する性差別について調査した。対象は174人。そのうち女性は78%である。

 

性差別は許容しがたいほど高い、と回答した女性は実に77.5%にもなった。4人に3人というのは異常だ。男性でそう感じていると回答した人は38%だった。

 

回答者のうち、個人的に性差別を受けた経験があると回答した人は50%を超えた。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Discrimination1

2019年8月27日 (火)

世界で愛されるブランドTop10

NetBaseはソーシャルメディアで愛されている世界のブランドについて調査した「Brand Passion Report 2019」を発表した。調査期間は2018年5月から2019年5月まで。

 

NetBaseはこのランキングに際し、ブランドに対する強くポジティブな感情を抽出し、特許を取得したAIを活用している。

 

1位はインスタグラム、2位はグーグル、3位はアップルだった。インスタグラムが1位というのは驚き。やはりソーシャルメディア上の調査ゆえか。グーグルやアップルは順当。

続きは

https://www.ncblibrary.com

Brandlove

2019年6月 1日 (土)

マットレスでユニコーン

米国家庭にとってベッドは必需品。市場はすでに飽和状態で、成長性はないと誰もが思っていた。

 

そこに風穴を開けたのがキャスパー(Casper)である。

 

2014年創業で、本社はニューヨーク。これまで5回のラウンドで3.4億ドルを調達している。

 

インターネットで申し込むとボックスに梱包したマットレスが届くというシンプルなもの。100日の無料トライアル期間つきで、価格は350ドルから2,750ドルまでと幅広い。

<つづきはNCBライブラリーへ>

Casperlover_copy

2019年1月 8日 (火)

GapがNY店閉鎖

ニューヨーク5番街のGapストアが2019年1月20日に閉鎖することになった。旗艦店ともいうべきショップだ。

 

なぜか。家賃の高さが原因なのだろうか。マンハッタンの家賃は高騰をつづけ、耐えられなくなったショップはブルックリンなどへ移転している。

 

しかし、2018年秋に家賃は24%もダウンした。それでも高いというのが今のGap。今後数百カ所のショップを積極的に閉鎖すると発表した。

Gapもアマゾンエフェクトをまともに受けている企業のひとつだ。

Gapsss

2019年1月 1日 (火)

2019年元旦

あけましておめでとうございます。

今年も一途にキャッシュレス&フィンテック推進

皆様にとって素晴らしい年でありますように

 

2019sss

2018年12月31日 (月)

2018年大晦日

皆さんにとって2018年はどんな年でしたでしょうか?

決済業界はスマホ決済で幕を下ろそうとしています

今年もあとわずか

1年を振り返りながら

良い年をお迎えください

2018sss

2018年10月18日 (木)

アマゾンが保険会社と提携

保険会社のトラベラーズ(The Travelers Companies, Inc.)はアマゾンと提携し、スマートホームキットと保険をセット販売することになった。

 

スマートホームキットに含まれるものは、セキュリティカメラ、ウォーターセンサー、マルチセンサー付動作検知、スマートホームハブ、そしてアマゾンエコードット。

 

トラベラーズの保険契約者はこのキットを割引価格で買える。さらに、このキットを設置すれば、保険料が安くなる。

 

提携にあたり、トラベラーズは音声アシスタントAlexaのスキルを開発。保険契約に関する質問や安全な暮らしなどの質問に、スムースに答えられるようにした。

Amazotrasssss

2018年10月 2日 (火)

シアーズが大リストラ

カタログ販売で世界トップだったシアーズがリアル小売に進出後、何回も経営危機に見舞われている。

 

現在の状況も相当悪そうだ。エドワード・ランパートCEOは破産を避けるため、経営ボードに資産売却を、そして金融機関にリファイナンスを要請している。

 

資産売却は、15億ドルの不動産と、子会社(KenmoreやSears Home Service)などの資産17.5億ドル。リファイナンスは2019年と2020年に約定を迎える11億ドルである。

 

シアーズはアマゾンエフェクトの犠牲かもしれない。かつてシアーズは世界最大のカタログを標榜していた。

Searssss

2018年8月20日 (月)

スマートシティ85兆円市場に

BBC Researchによると、世界のスマートシティ市場規模は、2016年には3,424億ドルだった。それが2021年には7,748億ドル(約85兆円)になると予測した。5年で2倍強という伸びである。

 

2021年の市場規模の42%は北米が占める。スマートシティが進むのは都市部だけではない。

 

オハイオ州コロンバスでは、米国交通省のスマートシティチャレンジから4,000万ドルの補助金を獲得。スマートシティのインフラ構築などを進めている。

 

1,800台のコネクティッドカー(乗用車やトラック)は、ロードサイドの113カ所のセンサーや車同士でコミュニケーションできるようになった。

 

スマートシティシステムで収集されたデータは、交通信号の優先順位づけや、緊急ブレーキ警告、道路管理作業に役立てる。

Smartsss

2018年1月 1日 (月)

新年明けましておめでとうございます

デジタル年賀状をみなさまにお送りします。

醒めよ人!

現金の時代は去れり

ご利益がない!

今年もNCB Lab.は

キャッシュレスをメインテーマに

情報を発信してまいります。

みなさまにとって

すばらしい年となりますように

Ncbssssss

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart