2018年12月 7日 (金)

マリオット5億人データ盗難

マリオットホテルなどを運営するスターウッドで、約5億人の顧客データが盗まれた。9月10日かそれ以前の不正なアクセスによるものだという。

 

しかし調査によると、スターウッドのネットワークへの不正なアクセスは2014年からはじまっている。データをコピーし、暗号化して、それを抜き取ろうとしていた。

 

約3億2,700万件の情報には、顧客名、住所、電話番号、生年月日、性別、Eメールアドレス、パスポート番号、スターウッドのリウォーズ情報、到着日、出発日、予約日、その他伝達情報が含まれているという。

 

盗難情報にはカード番号が含まれているが、暗号化されている。しかし、データを復号化するためのコンポーネントが取られていないことを排除できない、としている。

Marissss

2018年12月 6日 (木)

Venmoで不正損失拡大

モバイル送金決済のVenmoで損失が拡大している。2018年第1四半期の営業損失は4,000万ドル(約45億円)になった。これは予算の40%も高い数字。

 

営業損失の中には、不正被害も含まれている。1月の取扱高に占める割合は0.25%。3月は0.4%と被害が拡大している。

 

不正の手口は色々なケースがあるが、盗難カードを使ってVenmo口座を開設するのが多い。あるいは既存Venmo口座をハッキングして利用したり、口座から現金を引き出したりしている。

 

Vnssss

2018年12月 5日 (水)

レールコマースが4,000億円

英国では鉄道に乗った時間のオンラインコマースをレールコマースと呼んでいる。2017年のレールコマース取扱高は26億ポンド(約4,000億円)になった。

 

これは英国小売取扱高の11%に相当する。調査したのはKBH On-Train Media。2022年までにその額は46億ポンドになると予測した。

 

1件あたりの利用額は28.19ポンド。現在、オンラインコマース25ポンドにつき1ポンドはレールコマースである。今後4年間の年間成長率は12%と高い。

 

レールコマースが伸びているのは、Wi-Fiの普及によるところが大きい。列車利用時の空いた時間をオンラインでの商品購入に利用している。

Railsssss

2018年12月 4日 (火)

PayPayキャンペーンスタート

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が12月4日、スタートした。さっそくファミマで使ってみた。

 

店員にPayPayでと、スマホを提示すると、すぐにバーコードをスキャンした。ちゃんとPayPayについて準備(教育)できているようだ。

 

アプリをタップすると、第1画面の上部にバーコード表示。これは時間とともに変わっていくダイナミックバーコード(5分間隔)。バーコードをコピーして使うことができないので、セキュリティは高い。

 

モバイル非接触と比べて、バーコード決済のスピードは遅い。といわれる。果たしてそうなのか。

 

体感スピードはまったく変わらない。Apple Payと比べても劣後しない。顧客提示型のモバイルQRコード決済は、結構使える。

 

ファミマで使ったのは364円。その時点で1円相当のPayPay残高が付与されていた。20%戻ってくるのはいつだろう、とキャンペーン内容を確認したら、午前9時からのスタート。午前7時に使ったから、適用外だった。勇み足。

2018年12月 3日 (月)

豪州Judo 280億円調達

オーストラリアのチャレンジャーバンクとして知られるジュードー(Judo Capital)は、豪州クレディスイスから2.5億ドル強を調達した。

 

ジュードーは2017年5月1日の創業。本拠はメルボルンで、これまで2回のラウンドで4.5億ドル強を調達している。今回の調達はデットファイナンシング(社債発行)である。

 

まだ利益を上げていないスタートアップ調達額としては、オーストラリア史上2番目の大きさだ。

 

Judssssss

2018年12月 2日 (日)

東南アジアで進む電子決済

グーグルの調査によると、東南アジアで電子決済が急拡大している。2018年末までにインターネット経済圏は720億ドルになると予測した。

 

シンガポールでは電子決済利用者が52%、インドネシアは46%、マレーシアが45%、タイが39%に達していることがわかった。

 

東南アジアでは多くの企業が電子決済ソリューションを構築中。特にライドシェア企業の電子決済が普及を牽引している。

 

GrabPayやGo-Payは最もよく利用されている電子決済。AlipayやWeChat Payの対抗軸である。

Soutssss

2018年12月 1日 (土)

SMサタデー2018の実績

2018年11月24日(土)、米国は9年目を迎えたスモールビジネスサタデーで盛り上がった。ブラックフライデーの翌日を、地元の中小事業者でショッピングする日にしよう、とアメックスが企画したのがきっかけだ。

 

2018年の売上は178億ドル(約2兆円)。2010年からの累積売上は1,030億ドルに達した。参加マーチャント数は220万件にのぼる。

 

アメックスの調査によると、リアル店舗に加え、オンラインのスモールビジネスでショッピングした人は41%だった。

 

スモールビジネス経営者の調査では、ホリデーシーズン売上は年商の29%になると回答している。そのうちスモールビジネスサタデーは売上アップの起爆剤になっていると回答した。

Smbssss

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart