2019年4月18日 (木)

欧州でATMアタック急増

欧州でATMを狙った犯罪が、この4年間連続で増えている。European Payment Terminal Reportによると、2018年は前年対比27%も物理的なアタックが増えたと報告している。

 

件数は2017年が3,484件。それが2018年には4,549に増加した。ATM爆破は前年対比3%減少したが、件数では1,052件と依然として多い。

 

現金被害額は360億ユーロ、日本円にすると4.5兆円。前年より16%も増加している。ATM爆破による損失は、1件あたり17,103ユーロ(200万円強)だ。

 

キャッシュレスが進めばATMアタックは減る。キャッシュレス先進国スウェーデンではATM強盗の件数がほぼゼロに近づいている。

 

Atmattach1904

2019年4月17日 (水)

Amazon Goが現金受付へ

米国で完全キャッシュレスへの抵抗勢力が強まっている。完全キャッシュレスは銀行口座やクレジットカードを持てない消費者への差別だという理由だ。

 

このトレンドにアマゾンが折れた。完全キャッシュレスを禁止するマサチューセッツやニュージャージー、フィラデルフィアで開設する店舗では現金も受け付ける。

 

Amazon Goは現在10店舗。2021年までに3,000店舗を出店する計画だ。キャッシュレス、キャッシャーレスで顧客利便性を提供しようというプラットフォームの一部修正を余儀なくされる。

 

Amazon Goで現金払いというねじれ現象が起きる。利便性を味わえない人がAmazon Goで買うとは思われないのだが。

 

Amazongocashaccept

2019年4月16日 (火)

ブレグジットでアップルNFC開放

英国内務省はアップルに、iPhoneなどのNFCチップの機能を拡張するよう要請した。ブリグジットに備えての対応だ。

 

英国はブリグジットでもめているが、英国に暮らす欧州市民にとってこのまま英国に滞在できるか不安の声があがっている。内務省はiPhoneのアプリで欧州市民の身元を確認する方法について考えた。

 

これを受け、アップルは2019年末までにiPhoneのNFCチップ読み取り機能を拡張。パスポートに使用されているセキュリティチップのデータを読めるようにする。

 

Appleopensssssss

2019年4月15日 (月)

給与支払いサービスは宝の山

ドイツの人事・リクルーティング会社パーソニオ(Personio)は、スペインの給与支払い会社ロールボックス(Rollbox)を買収した。

 

ロールボックスは2017年8月創業のスタートアップで、本社はマドリード。APIで簡単に給与支払いができるソリューションを提供している。

 

パーソニオは2015年5月創業で、本社はミュンヘン。これまで3回のラウドで5,430万ドルを調達している。直近では2019年1月にシリーズBで4,000万ドルを調達した。

 

これをもとに、今回のロールボックス買収となった。パーソニオは企業顧客に人事と合わせて給与支払いソリューションを提供できる。

 

Paysssssss

2019年4月14日 (日)

アマゾンとHIPAAコンプラ

アマゾンの音声アシスタントAlexaが、ヒッパー(HIPAA Compliant)に対応した。HIPAAはHealth Insurance Portability and Accountability Actの略称。米国の健康保険のポータビリティと責任について定めた法律だ。

 

HIPAAはカード業界のカード情報セキュリティ基準PCI-DSSに相当するもの。個人の健康に関するセンシティブなデータの厳格な保護を求めている。

 

アマゾンはアレクサのSkill開発者向けのプログラムを発表したが、音声によって簡単にヘルスケアできるようにするもの。決済や特典管理、コーチングなどが含まれている。

 

音声アシスタントAlexaによって、アマゾンは既存ヘルスケア業界に一石を投じた。文字入力の手間なく、音声アシスタントが優しく健康管理をしてくれる。そういう時代の到来だ。

Alexaaasssss

2019年4月13日 (土)

Visaが投資したブランチ

アフリカの金融アプリで最もダウンロード数が多いのが、ブランチ(Branch)である。Visaはそこに目をつけた。シリーズCラウンドの投資に参画したのである。

 

今回ブランチが調達したのは1.7億ドル。Foundation CapitalのリードにVisaが乗った。

Visaはブランチとの戦略的提携により、バーチャルプリペイドカードを発行。これでブランチの融資を受け取り、ATMで現金を引き出せるようにする。銀行口座を通さない便利なサービスだ。

ブランチは2015年創業のFinTechベンチャー。新興国で銀行サービスを十分受けられない人たちを対象にした金融サービスを提供している。

Visabranch

2019年4月12日 (金)

Walカードの奇抜な利用促進策

2年前、ウォルマートはプリペイドカード運営会社グリーンドットと提携。MoneyCardを使えば節約できるプログラムを開始した。このプログラムにはCommonwealthも参加している。

 

このカード利用額が累計で20億ドルを超えた。

 

顧客がMoneyCard口座に500ドルを入金すると、毎月1ドルにつき1,000件に1件ボーナスが当たる。特賞は1,000ドル、25ドルが999本だ。

 

MoneyCard口座を使えば、平均35%も節約できる。この施策によって、カード利用は274%の伸びとなった。

 

Walmoneycard

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart