2020年8月 4日 (火)

旅行を促進するクレカに化粧直し

COVID-19パンデミックで旅行の再定義が求められている。とともに、旅行カード(Travel Card)の再構築も。

 

カード会社にとって、旅行と飲食は客単価が高い2大カテゴリー。特に旅行とその関連サービスの利用を拡大することが収益アップにつながる。

 

カードブランドのDiscoverは、旅行カードに恒久的な変更を加え、リウォーズを獲得し、使える方法を増やした。

 

「Discover It」カードの顧客は、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Discoverit

2020年8月 3日 (月)

COVID-19で硬貨不足??

米国でいま、不思議な現象がおきている。COVID-19によって、店頭で硬貨が不足しているのだ。なぜか・・・。

 

レストランやグローサリーストア、そのほかのビジネスで、カードの支払いか、現金支払いの場合にはつり銭のないように、注意喚起しているからである。

 

チェックアウトの時間を短くし、できるだけ客との接客時間を少なくしたい。というマーチャントの危機意識が高まっている。消費者も同様、チェックアウト時のリスク抵抗は強い。

 

硬貨が減っているのは、・・・・ つづきは https://www.ncblibrary.com

Coinshortage

2020年8月 2日 (日)

法人カードの破壊者が現金管理口座

法人向けクレジットカードで急成長するブレックス(Brex)は、現金管理口座(Cash Management Account)サービスを開始すると発表した。サービス名称はブレックスキャッシュ(Brex Cash)である。

 

2019年10月から招待制でテストしていたが、一般に公開された。利用者は米国預金保険機構FDICの保険に加入して現金で保有するか、マネーマーケットファンド(MMF)に投資して利回りを得るかを選択できる。

 

FDIC保険が適用されるのは、最大25万ドルまで。UMB銀行との提携によって実現した。口座維持費は無料だ。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Brexcash

2020年8月 1日 (土)

X9法人バンキングをリアルタイム決済に拡大

米国認定基準委員会X9は、コーポレートバンキング委員会のスコープを拡大し、ファスタペイメンツに焦点を当てることを発表した。同委員会は、金融業界におけるすべてのファスタペイメンツ活動を管理する権限を付与される。

 

決済はバッチ思考のプロセスから、24時間年中無休のリアルタイムサービスへ進化している。X9の新しいミッションは、堅牢で安全なエンドツーエンドの決済システムを確実にするために、ファスタペイメンツ戦略をサポートすること。

 

世界のファスタペイメンツの送信メッセージは、ISO20022XMLフォーマットに準拠している。これによって、世界中の決済システムにおける、決済の発生とレポーティングは大幅に標準化できるようになった。

 

新しいX9のアジェンダには、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

X9

2020年7月31日 (金)

米国セブン-イレブン非接触注文決済

COVID-19パンデミックで消費者の行動は、それまでとちがい、激変した。ソーシャルディスタンスが、自己防衛の手段として定着。人々はできるだけ人やモノに触れないようになった。

 

レストランでは、オンライン注文配達件数が134%増加。スターバックスでは、モバイル注文ピックアップやモバイル注文デリバリーが急増している。

 

米国セブン-イレブンも消費者の行動変容をとらえ、オンライン注文デリバリーとピックアップを推進している。このサービスによって、消費者は店舗での滞在時間を最小限に抑えられるようになる。

 つづきは https://www.ncblibrary.com

711

2020年7月30日 (木)

ゴールドマンとMCが投資したボンドの魅力

ボンド(Bond)の本社はサンフランシスコ。2019年創業という若いフィンテックである。

 

このスタートアップがこのたび3,200万ドル(約35億円)を調達。これまで2回のラウンドで総額4,200万ドルを調達している。

 

今回はシリーズAだが、リードしたのはCoatue Management。ゴールドマンサックスやMastercard、XYZ Venturesなどが参加している。

 

まだ実績がないスタートアップになぜこれだけの資金が集まっているのか。それは・・・

つづきは https://www.ncblibrary.com

Bond

2020年7月29日 (水)

中国規制当局が金融9社を管理下においた理由

中国で何が起きているのか。保険会社と証券会社9社が、突然中国政府の管理下におかれた。理由は、中国の規則に違反し、金融システムを危険に晒したこと。

 

中国銀行保険監督委員会は、保険会社4社と、3社の証券会社、そして2社の信託会社を管理下においた。9社の資産総額は1兆元(15,3兆円)というからすごい。

 

4社の保険会社とは、華夏生命保険株式会社、天安生命保険株式会社、天安財産保険株式会社、宜安財産保険株式会社。証券会社は、新時報証券、国生証券、国生先物。信託会社は、新中国信託、新時報信託である。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart