クレジット Feed

2020年9月 9日 (水)

PayPalもBNPL参入

Buy Now, Pay Laterの分割後払いが決済業界のトレンドになっているが、PayPalもこの流れに乗った。米国の顧客向けに、短期の分割払いを発表したのである。

 

サービス名称は「Pay in 4」で、その名のとおり4回の分割払い。加盟店は追加の手数料を支払うことなく、コンバージョン率や収益、顧客ロイヤルティを向上させることができる。

 

消費者は購入した商品を4回に分けて支払えるため、1回の支払負担額が少なく購入しやすい。・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Payin4

2020年9月 7日 (月)

Mastercardが新たなBNPL

やはりCOVID-19パンデミックが消費者の意識を変えているようだ。柔軟性のある返済方法を消費者は求めている。

 

ここに目をつけたMastercardは決済ソリューション会社のTSYSと提携。購入額を分割払い(Installments)にするサービスを提供することになった。

 

チェックアウトの前でも、チェックアウト中でも、チェックアウト後でも分割払いが選べるというユニークなサービスだ。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Mcbnpl

2020年9月 6日 (日)

小売店向け後払いVyzeが業容拡大

Mastercardが2019年4月に買収したバイズ(Vyze)が業容を拡大している。米国のアリー銀行傘下のアリーレンディング(Ally Lending)は、バイズとの提携を発表した。

 

バイズは小売店向けに後払いのサービスを提供している。購入時点で、支払いのオプションが選べるため、購入率が高くなる。

 

バイズのソリューションを導入した小売店舗では、売上が40%から95%アップ、注文金額も60%アップするという。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Allyvyze

2020年8月30日 (日)

MarcusPayで旅行代金分割払い

投資銀行ゴールドマンサックスのリテール部隊であるマーカス(Marcus)が分割払いサービスを開始した。それがマーカスペイ(MarcusPay)である。

 

金融業界では一種の流行になっているBNPL(Buy Now, Pay Later)に、ゴールドマンサックスも参入。サービス開始にあたっては、ジェットブルー(JetBlue)と提携した。

 

このサービスが利用できるのは、ジェットブルーのフライトとバケーションパッケージ。旅行の申込みにMarcusPayを選んで申請すると、数分で可否決判定がでる。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Marcuspaybnpl

2020年8月28日 (金)

Amexがキャベッジ買収

8月17日、Amexは米国スモールビジネス向け融資サービスのキャベッジ(Kabbage)の全株式を取得する契約を締結したことを発表した。

 

キャベッジは2009年創業で、本社はアトランタ。これまで16回のラウンドで25億ドルを調達している。ソフトバンクのビジョンファンドは2.5億ドル、ソフトバンクキャピタルは0.5億ドルを投資している。

 

買収契約に基づき、Amexはキャベッジのチームと金融テクノロジー製品、データプラットフォームをすべて手にいれる。

 

製品群には、柔軟な与信枠の設定、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Amexkabbage

2020年8月17日 (月)

Squareが消費者向けローン開始へ

デジタル決済ソリューションを提供するスクエア(Square)は、マーチャントと消費者の両方にサービスを提供している。もともとはマーチャント向けのモバイルPOSからスタートした。

 

消費者向けのソリューションはSquare Cash。個人間送金ではペイパル傘下のVenmoにつぐ利用件数を誇るまでになっている。

 

このアプリで個人無担保ローンを提供しようと目論んでいる。現在1,000人の利用者でテストを実施中だ。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Squareloan

2020年8月 4日 (火)

旅行を促進するクレカに化粧直し

COVID-19パンデミックで旅行の再定義が求められている。とともに、旅行カード(Travel Card)の再構築も。

 

カード会社にとって、旅行と飲食は客単価が高い2大カテゴリー。特に旅行とその関連サービスの利用を拡大することが収益アップにつながる。

 

カードブランドのDiscoverは、旅行カードに恒久的な変更を加え、リウォーズを獲得し、使える方法を増やした。

 

「Discover It」カードの顧客は、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Discoverit

2020年7月20日 (月)

米国で急減するクレジットカード負債

COVID-19パンデミックで、消費者のカード利用にも影響があらわれている。FEDの消費者クレジット残高レポートによると、リボルビング残高が急速に縮小している。リボルビング残高の大半は、クレジットカードの残高だ。

 

2020年5月のリボルビング残高は、1兆ドルを割って9,956億ドルになった。1兆ドルを下回るのは、2016年以降はじめてのこと。

 

ただし、まだリーマンショック後のように、8,000億ドルを切るまでには至っていない。

 

3月のリボルビング残高は、前年同期比28.6%のマイナス、4月は64.8%マイナス、5月は28.6%のマイナスだった。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Revolvingus202007

2020年7月18日 (土)

米国人28%が延滞

COVID-19で米国人の金融状況に変化があったかどうか。Symendが米国消費者1,000人を対象に、2020年5月に調査した。

 

その結果、COVID-19パンデミックによって、米国人の28%が請求書延滞をおこしていることがわかった。38%は取り立てにあったと回答している。

 

COVID-19パンデミックによる金銭的影響を受けていない人は39%。影響により立ち直るのに2カ月かかると回答した人は11%。3カ月かかるは11%、6カ月以上かかるという人は10%いた。

 

パンデミックによって毎月の給与が減少した人は34%。・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo

2020年7月 6日 (月)

Chimeが信用力UPクレカ発行

米国チャレンジャーバンクのチャイム(Chime)は、新たなクレジットカードを発行することになった。

 

その名は「クレジットビルダー(Credit Builder)」信用構築のためのクレジットカードである。

 

米国ミレニアルズはクレジットカードの使いすぎが怖いため、クレジットカードを保有せず、デビットカードを主要決済手段として使っている。

 

これでは、いつまでたっても信用力が上がらない。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Chimecb

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart