ニューペイメント Feed

2019年2月17日 (日)

Mastercardが音響ブランドをリリースした理由

Mastercardは音響によって、ブランド認知を高めるSonic Brand(音響ブランド)を展開すると発表した。

 

2018年1月、MastercardはロゴからMastercardの名称をなくし、赤とオレンジのふたつのサークルだけにした。この一環として、音響を活用し、Mastercardの新しいイメージを訴求する。

 

BMW広告の最後に流れるサウンドロゴは有名だが、Mastercardも音響によって同様の効果を狙っている。どんな音響なのかは、言葉では表現しにくい。あえていうなら、オーセンティックなイメーだ。

 

デジタルでもリアル世界でも、Mastercardのメロディを聞けば、シンプリでシームレスな親近感を抱くように、という願いが込められている。

Mastersssss

2019年2月16日 (土)

ロボットのNuroが9.4億ドル調達

ソフトバンクのビジョンファンドはロボット製造のニューロ(Nuro)に9.4億ドル、約1.000億円を投資した。

 

ニューロは2016年創業で、本社はカリフォルニア州マウンテンビュー。自動運転車や工業用ロボットの開発・製造会社だ。

 

特に注力しているのが、グローサリーの無人配達車。日々の生活で必要な商品を無人でピックアップし、届けることを目標としている。

 

2018年にはグローサリーストアのクローガー(Kroger)と契約。無人配達車を提供している。

 

今回調達した資金は、無人配達車の全米展開やパートナーシップの強化にあてる。

 

決済はもちろん、事前オンライン決済だ。

Nurosssss

2019年2月13日 (水)

スマートスピーカーの熾烈なシェア争い

アマゾンのエコー(Echo)、グーグルのホーム(Home)、そしてアップルのホームポッド(HomePod)。3社のシェア争いは熾烈だ。どこがトップで、どこが伸びているのだろうか。

 

米国における2018年の結果をCIRP(Consumer Intelligence Research Partners)が発表した。

 

2018年12月31日時点の導入ベースでの台数は6,600万台。9月末時点の5,300万台から1,300万台増加、2017年12月からは約2倍になった。

 

シェアでみると、トップはアマゾンのEchoで70%、次いでGoogle Homeが24%、アップルのHomePodは6%だった。グーグルがもっと攻勢をかけてくると思いきや、このシェアは2018年6月からほぼ不動だ。

Smartssssssssss

2019年2月12日 (火)

リアルタイム決済に食いついたグーグル

グーグルにとってインドは格好の実験場である。人口は中国に次いで世界第2位。リアルタイムのモバイル決済ネットワークUPI(Unified Payments Interface)を構築し、一般企業も使えるよう開放している。

 

グーグルはこれにGoogle Payを接続して各種実証実験をおこなっている。2017年、当時はTez(テーズ)としてスタート。個人間送金やマーチャント決済などのテストを実施し、2018年からはGoogle Payに名称変更して、利用者を拡大している。

 

グーグルはこの実績と経験を踏まえ、米国でもFED主導でリアルタイム決済ネットワークの構築をすべきだとコメントしている。

 

現在米国のリアルタイム決済ネットワークZelleは、銀行主導の組織で、銀行のみが接続できる。これでは革新が起きない。FED主導でリアルタイム決済ネットワークを構築すれば、銀行以外も参加できるようになる。そうグーグルは期待している。

 

Googlesssss

2019年2月 5日 (火)

App Storeで開発者が稼いだ額

アップルがApp Storeを開設したのは2008年。それから10年。アップルは初となる起業家キャンプ(Entrepreneur Camp)を開催した。

 

場所はアップルのCupertino本社。そこに11名の女性アプリ開発起業家を招待し、App Storeの統計数字を発表した。

 

アップルがApp Store開発者に支払った額は累計1,200億ドル(約13兆円)だ。この数字には、有料アプリ、サブスクリプション、アプリ内購入も含まれている。

 

起業家キャンプは約2週間にわたる育成プログラム。初回は1月28日から2月8日まで。年4回の開催で、アップルの専門家やエンジニアが、起業家のアプリ作成をサポートする。

 

Appcamsss

2019年2月 3日 (日)

MCがVの買収に待ったをかけた

英国国際送金サービスのアースポート(Earthport)にVisaが買収提案したのだが、そこにMastercardが割ってはいった。

 

1株当たり30ペンスを提示していたVisaに対し、Mastercardは33ペンスを提示したのである。買収総額は2.33億ポンドだ。

 

Visaの提示より10%高い値付けをしたMastercardに対し、アースポートの経営陣は歓迎の意を表し、株主にVisaを推奨することを取り下げて、Mastercardの提案を推奨した。

 

アースポートはそれだけの価値があるのだろうか。決済だけでは生き残れないと危機感を募らせているVisaとMastercard。国際送金市場は魅力的に映るのかもしれない。

Earthssss

2019年1月29日 (火)

米国百貨店が非接触決済全方位

米国百貨店のターゲットが非接触決済を全面的に導入する。全面的というのは、Apple Pay、Google Pay、Samsung Payというモバイル非接触決済に加え、Visa、Mastercard、Amex、Discoverの非接触カードも受付ける。

 

ターゲットは全米1,850店舗で導入する予定。ターゲットは独自のアプリでスキャン2ペイを導入している。

 

ウォルマートは独自Walmart Payで、Apple Payなどに対抗しているが、自社アプリだけでは限界があると感じたようだ。

 

米国でも非接触決済の機運が高まっている。

Uscontacsssss

2019年1月25日 (金)

サブスクリプションのワナ

デジタルコンテンツから自動運転車まで、世界のビジネスの多くが、サブスクリプションモデルへのトランスフォーメーションをめざしている。

 

しかし、Mastercardが待ったをかけた。利用していないにも関わらず、無料期間が終わっても支払いつづけている人がなんと多いことか。このサブスクリプションのワナから解放する救済策を講じたのである。

 

無料お試し期間の終了が近づくと、通知してくれるサービスを2019年の夏にスタートする。それだけではない。解約の仕方と、継続するといくらかかるかも教えてくれる。

 

消費者保護の観点から、サブスクリプションのワナから解放するサービスは高く評価できる。

Sabsss

2019年1月22日 (火)

WeChatが利用者格付け

WeChatの利用者は10億人を超える。この利用者の格付けがついにスタートした。アリババの金融会社アリペイが提供するジーマクレジットと同様のサービスだ。

 

格付けシステムの名称は「WeChat決済スコア(Payments Score)」である。昨年11月に8つの都市でテストを実施。携帯バッテリーレンタルのXiaodianでは、このスコアをもとにデポジットを無料にするサービスを実施した。

 

WeChatのミニプログラムは100万件を越えている。そのミニプログラム提携先と決済スコアを連携させ、いろいろなサービスに展開する。

Wechatsss

2019年1月17日 (木)

AmazonがUPIで決済テスト

インド市場は世界展開をめざす企業にとって重要。なにせ13億人を超え、成長しつづけている市場である。

 

グローバル展開をしているアマゾンにとって、インドは重要な国。オンラインショッピングとオフラインショッピングを加速させるため、その最終チェックアウトで不可欠な利便性の高い決済構築に向けてテストしている。

 

活用するのはモバイル決済ネットワークのUPI(Unified Payments Interface)。リアルタイムで銀行間送金決済が可能なネットワークである。

 

現在はインナーテストの段階。限られた利用者グループ内で極秘裏にテストしている。関係筋によると、サービス名称はAmazon Payらしい。

Amasss

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart