カード全般 Feed

2020年9月11日 (金)

夜明けがみえないT&Eカード決済

COVID-19パンデミックの影響は根深い。旅行や娯楽(T&E)など、厳しい打撃を受けたセクターは、いまだ復活からはほど遠い状況だ。

 

MastercardはG20を対象にCOVID-19の影響について7月に調査を実施。Mastercardの取引データを元にまとめたのがリカバリーインサイト(Recovery Insights)で、今回が2回目になる。

 

このレポートの論調は、T&Eで個人消費は明るい兆しというものである。しかし、G20を個別にみると厳しい状況が浮かびあがる。

 

G20の中でも、・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo_3

2020年9月 8日 (火)

法人カード破壊者が新たな提携

法人カードをテクノロジーで破壊しつづけているブレックス(Brex)が、会計ソフトと提携し、新たなサービスを拡大すると発表した。

 

ひとつは統合ソリューションのSAPが提供するクラウド型経費管理システムのコンカー(Concur)と連携。ブレックス顧客は、コンカーエクスペンス(Concur Expense)で自動的に法人カードの経費精算ができるようになった。

 

もうひとつは・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Brex09

2020年8月24日 (月)

GMカード買収に名乗り

General Mortorsのクレジットカード部門の買収に興味を持っているのは、ゴールドマンサックスとバークレイズ。

 

GMカードは1992年9月にスタート。当時はハウスホールド(Household)がカード発行者であった。魅力的なインセンティブで多くの顧客を獲得したが、その後停滞している。

 

1990年代は通信会社や自動車メーカー、石油元売などがつぎつぎにクレジットカードビジネスへ参入。顧客の囲い込みと、収益ツールとして注目された。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Gm

2020年8月17日 (月)

Amexが新返済サービス拡充

COVID-19パンデミックによって、消費者の消費行動が劇的に変わっている。クレジットカードを使わず、デビットカードを使うというのもそのひとつ。

 

米国のクレジットカードはリボルビング払いが基本。金利がかかることが嫌な人は多い。

 

Amexはこのトレンドを読み、クレジットカードをデビットカードのように使えるサービスを拡充した。

 

それが「Pay It Plan It」と「Pay Over Time」である。・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Amex

 

2020年8月 9日 (日)

Mastercard欧州企業買収に待った

2019年8月、Mastercardはデンマークに本拠を構える決済プロバイダーのネッツ(Nets)の法人部門を買収すると発表した。それから1年。まだ買収完了にいたっていない。

 

その理由は、EUの独占禁止法上の懸念があるとみられているからである。この買収は、北欧地域、欧州経済圏、そして英国における競争に大きな影響を与える脅威になるという見解。

 

これに対し、Mastercardは譲歩案を申し出ている。・・・つづきは https://ncblibrary.com

Stopmastercard

2020年8月 7日 (金)

Amexが1,000億円で提携カード継続

提携カードは顧客獲得チャネルであり、リピーター育成ツールでもある。特に顧客基盤が大きく、リピーターが多い企業との提携カードは、カード会社にとって重要な存在だ。

 

AmexはIAG(International Airlines Group)との提携カードで、国際提携契約を複数年に延長して結ぶことになった。IAGはブリティッシュ航空のオーナー会社である。

 

この契約でAmexはIAGのロイヤルティプログラムに9.55億ドル(約1,000億円)を支払うことに合意した。この契約には、ブリティッシュ航空の提携カードとリウォーズプログラムに使われるAviosポイントの事前購入が含まれている。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Amexbritishair

2020年8月 5日 (水)

Amex第2四半期COVID-19で苦戦するも

COVID-19パンデミックで世界の主要国がロックダウンを実施した第2四半期(4月から6月)、Amexはその影響で売上と利益の両方で大幅なマイナスを記録した。

 

第2四半期の収益は76.75億ドルで、前年同期の108.38億ドルから29%減少。利益は2.57億ドルで、前年同期の17.61億ドルから85%という大幅マイナスとなった。

 

2020年上半期の収益は179.85億ドルで、前年同期比15%マイナス。利益は6.24億ドルで、前年同期比81%のマイナスになった。アナリストの予想では、利益は赤字になるというものだったが、黒字を確保している。

こういう厳しい状況にありながら、Amexは・・・つづきは https://www.ncblibrary.com

Amexshopsmall

2020年7月 4日 (土)

Apple Card否決者の救済策登場

Apple Cardに申し込んだけれど、否決された。そういう人たちのための救済プログラムがスタートした。

 

それがPath to Apple Cardプログラム。「Apple Cardへの道」プログラムという武道を想起させるような名称だ。

 

最長4カ月間のオプトインプログラム。ユーザーがディバイスからプログラムに参加すると、その人の信用格付けにあわせてカスタマイズされた特定のタスクを、月に1度受け取る。

 

このタスクをこなすことによって、

つづきは https://www.ncblibrary.com

Pathtoapplecard

2020年6月24日 (水)

英国最高裁VMに不利な判断

国際決済ブランドのVisaやMastercardに逆風が吹いている。小売業者に課している手数料に関し、英国最高裁は審議を進めるという判決を下した。

 

2020年6月17日、英国最高裁判所は、VisaとMastercardが小売業者の加盟店手数料の設定方法で、競争を制限しているとした控訴裁判所の判決を支持したのである。

 

この訴訟はなんと1992年にさかのぼる。英国小売のセインズベリー(Sainsbury’s)、モリソンズ(Morrisons)、アスダ(Asda)、アルゴス(Argos)がVisaとMastercardを、控訴裁判所に提訴した事案。

 

その内容は、・・・

つづきは https://www.ncblibrary.com

Photo

2020年6月21日 (日)

Amexが中国で免許取得

国際ブランドにとって、中国14億人の市場は垂涎の的。しかしその扉はなかなか開かない。ずしりと重いのだ。

 

Amexは2018年11月に、中国中央銀行へカード決済の営業許可について申込んでいたが、それが2020年1月8日にようやく実った。

 

しかしそれは単独ではなく、中国のフィンテックLianLian DigiTechと合弁会社Express Companyを設立することによって実現した。

つづきは https://www.ncblibrary.com

Amexchina

【NCBよりお知らせ】

Twitter

Powered by Six Apart