送金サービス Feed

2018年9月16日 (日)

ハンガリーで即時モバイル送金決済

世界中で即時決済ネットワークが構築されている。時代はインターネットからモバイルへ移行。東欧のハンガリーでも、2019年7月1日からスタートすることになった。

 

24時間いつでもアクセスでき、送金決済できるネットワークで、1回の上限は1,000万フリント(約400万円)だ。決済は5秒である。

 

相手へのモバイル送金決済は携帯電話番号でいい。銀行口座番号は不要だ。

 

即時決済ネットワークの開発と運営はGIRO Zrt.とNetsが受けもつ。GIRO Zrt.はハンガリー12社の金融機関が1988年に設立した自動清算機構である。

 

Netsは欧州の大手決済サービス会社。ハンガリー向けにカスタマイズした清算アプリを提供する。Netsはデンマークやイタリア、スロバキアで即時決済ソリューションの実績をもつ。

 

日本にはまだこの即時送金決済ネットワークはない。

Photo

2018年9月 5日 (水)

XoomがRiaと提携

ペイパルの国際送金Xoom(ズーム)が欧州の国際送金Ria(リア)と提携した。

 

Xoomはオンライン国際送金、Riaはエージェント型(店舗)の国際送金。デジタルとアナログの融合だ。

 

Xoom顧客はこの提携により、世界15万カ所のRiaエージェントで送金を受け取ることができるようになった。

 

Xoomは米国からの送金サービス。世界の国々の7割へ送金できるようになる。特に東欧とアフリカのネットワークが強化された。

 

銀行口座をもたない出稼ぎ労働者の家族にとって、現金をピックアップできるエージェント(店舗)は便利だ。

Xoomsss

2018年8月14日 (火)

Apple PayがP2P決済評価でトップ

米国Consumer Report(CR)のテスト結果によると、モバイルP2P決済サービスでApple Payがトップになった。Apple PayのP2PはApple Pay Cashである。

 

モバイルP2P決済の重要なポイントは、確実にそして安全に相手に資金を送金できるかということ。そして決済に使えるかということ。CRはそれをテストした。

 

テスト項目は、決済認証(不正やエラー防止)、データセキュリティ、データプライバシー、顧客サポート、広範なアクセスの5つ。

 

その結果、総合スコアが高かったのは、Apple Payで76だった。決済認証とデータプライバシーで高評価だったが、広範なアクセスは普通評価だった。CRはVenmoやSquare Cash、Zelleも評価している。

Applesssss

2018年8月 1日 (水)

PayPalのP2P送金堅調

米国で個人間送金といえばVenmo。PayPal傘下のサービスである。2018年第2四半期のVenmo取扱高は140億ドルだった。過去1年間では460億ドルになる。

 

競合のZelleは280億ドル。Venmoはその半分だ。しかし、前年同期比78%の伸び。依然として高い支持を得ている。

 

PayPal自身の個人間送金と国際送金のXoomも堅調。第2四半期の取扱高はVenmoを含め330億ドルを超えた。前年同期比50%の伸びである。

 

送金サービスがPayPalの総取扱高に占める割合は24%。前年同期は21%だった。PayPalはP2Pの伸びが今後もつづくとみている。

Paypalssss

2018年7月31日 (火)

ZelleQ2で1億件突破

2018年第2四半期、米国P2P送金サービスZelleの取扱件数が1億件に達した。取扱高は280億ドル(約3兆円)である。

 

四半期成長率は取扱件数が17%アップ、取扱高は11%アップだった。

 

第2四半期の6月12日はZelleが米国でスタートしてちょうど1年。これまで3.2億件強、940億ドルを処理している。

 

第2四半期の平均的な利用者は、6回の利用で、1回あたり281ドルを送金している。

Zellsss

2018年7月24日 (火)

Zelleの利用者像が明らかに

モバイルP2P送金決済のZelleがデジタル決済について調査した。消費者はどれだけデジタル決済を利用しているのだろう。

 

調査対象は米国消費者9,000人。P2Pの知識があり、スマートフォン保有者で、オンラインバンキングかモバイルバンキングを使った経験者。

 

年齢層で最もP2P利用が多かったのはミレニアルズと呼ばれる35歳以下の若年層。75%がP2Pの利用経験者だ。ついでX世代。1960年代から197年代生まれの人たちで、69%がP2P経験者だった。

 

毎週最低1回は利用すると回答したミレニアルズは49%。ついでX世代の42%、ベビーブーマーの32%だった。

Zellssss

2018年7月15日 (日)

Google Payで送金決済

Google Payがサービスをアップデートした。これまでGoogle Walletという名称で個人間送金決済サービスを提供していたが、Google Payにまとめた。

 

Google Payアプリでの送金や送金依頼はSendやRequestで簡単になった。アンドロイドOSだけでなくiOSにも対応している。

 

友人から借りたお金を返すのは、つい忘れがち。Google Payにはto-doリストがついている。これを使えば遅延なく返済できる。

 

これまで通りGmailでの送受金も可能。添付へ送金額をつける感覚だ。$表示を探し、金額を入力、E-mailアドレスへ送る。

Googlepayssss

2018年6月21日 (木)

アイルランド個人間送金無料に

英国の西隣りにあるアイルランドの人口は460万人、成人は約380万人だ。そのうち約100万人がPayPalを使っている。浸透度は高い。

 

そのPayPalがアイルランドでの個人間送金決済手数料を無料にした。これまでは、送金額の3.4%プラス35セントをもらっていた。

 

なぜ無料にしたのか。それはSEPA Instant Credit Transfer(単一ユーロ決済圏即時送金)の影響だ。SEPA加盟の34カ国で、最大15,000ユーロ(約200万円)の銀行口座送金が可能。10秒以内というスピード送金だ。

PayPalは単一ユーロ決済圏即時送金への対抗上、無料にせざるを得なかったようだ。

Payssss

2018年6月16日 (土)

相互開放でXボーダー送金決済

国家主導の即時送金決済ネットワークが、クロスボーダー連携へ拡大している。タイとシンガポールが連携したが、今度はインドとシンガポールの政府当局が自国決済システムを相互開放し、クロスボーダー送金をスタートすることになった。

 

相互開放するのは、インドの即時送金決済ネットワークのIMPSと、シンガポールのPayNow。IMPSを運営するNPCIと、PayNowを運営するNETSが提携した。

 

両ネットワークの接続で、インド人はインド政府が推進するRuPayをシンガポールのNETS加盟店で使え、シンガポール人はNETSカードをインドのRuPay加盟店で使える。

今後自国決済ネットワークの相互開放は急速に拡大しそうだ。国際ブランドカードは危機感を募らせるばかりである。

Xsss

2018年2月23日 (金)

不正多発の銀行送金

米国の大手銀行が構築したモバイル送金サービスのZelleで、不正が多発している。多くの利用者が数百ドルから数千ドルをだまし取られているようだ。

 

例えば、知らない人からチケットの購入代金を支払うように請求され、それを支払ってしまったというように。Zelleは銀行サービスということもあって、利用者はつい信用して支払ってしまう。

 

銀行口座に送金されるのだから、詐欺をしてもすぐ捕まると思ったら大間違い。詐欺師たちは、他人名義で口座を開設し、行方をくらましてしまう。

 

Zelleの競合であるVenmoでは、このような不正は起きていない。それはチャット機能で、相手を確認しながら送金できるからである。

 

Zelleには送金機能はあっても、相手とのコミュニケーション手段がない。そこを詐欺師につかれた。

Zellssss

【NCBよりお知らせ】

  • New Payments Report 2016
    2016年5月3日発行
    『New Payments Report 2016
    激変する決済風景』
    モバイルやすべてのモノがインターネットに繋がるIoT。
    決済ネットワークは無線を中心としたものになり、国際ブランドに依存しない、オープンな独自決済ネットワークがつぎつぎに登場している。
    今後の決済ビジネスにどんな影響があるのか。
    2015年のトピックス、2020年の風景予想、事業者の戦略など、サービスの予測や開発のヒントになる重要な要素を網羅した。

Twitter

Powered by Six Apart